ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

メールを襲う恐ろしいアクシデントを力強く成敗する

~3つの困った状況を切り抜けるテクニックと心得~

石原壮一郎 [コラムニスト]
【第21回】 2010年9月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今日も今日とて私たちは、ビジネスでもプライベートでも、たくさんのメールをやり取りしています。

 ふと思ったんですけど、メールを1通やり取りするごとに、どのぐらいのCO2を消費しているのでしょうか。

 パソコンやらモデムやらケーブルやらを製造する分、巨大な通信網を整備する分、もろもろを動かす電力、打っているうちに鼻息が荒くなってしまった分……。全部合わせたら、けっこうな量になる予感がします。

 いろんなデータを恣意的に集めてくれば、「メールを1通送るたびに○平方メートルの熱帯雨林が……」といった計算をすることも、十分に可能でしょう。

 そのうちに「メールが地球温暖化の原因だ!」といった説が真顔で語られたり、メールで盛んにやり取りされたりする日が来るかもしれません。

 なんせ「CO2」を前面に出されたら、どんなマヌケな説でも、反論してはいけないことになっています。やがて、スーパーのレジ袋みたいにチンケな自己満足の道具にされて、「無駄なメールを出すのは地球にやさしくないわよ」なんて、マジメだけどモノを深く考えるのは得意じゃないタイプの人たちに説教される日が来るかも……。

 どんどん妄想が広がっていますが、万が一、そういう世の中になったとしても、私としては今と同じようにメールを使い続けようと思います。

 クーラーをガンガン効かせた部屋で過ごすなど、日々文明の便利さに頼り切っているくせに、そんなどうでもいいところで善人ぶって埋め合わせようなんて、あまりにも臆面がなさすぎます。

 いや、あくまで私がそう思うだけなので、善人ぶって埋め合わせたい方は、どんどんやってください。今だってその手の埋め合わせはひじょうに人気が高いので、きっと気持ちいいんだろうと思います。

 すいません。始まったと思ったら、何の根拠もない話をベースに、つかなくてもいい悪態をついてしまいました。いいかげんにして、本題に入ります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

石原壮一郎 [コラムニスト]

1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に「大人養成講座」でデビュー。以来、大人モノの元祖&本家として、ビジネスから恋愛まで幅広いジャンルで日本の大人シーンを牽引している。ニンテンドーDSのゲームソフトにもなった「大人力検定」では、世に大人ブームと検定ブームを巻き起こした。「大人のホメ力」「30女という病」「決断道」など著書多数。最新刊は「大人のワザあり!超メール術」(青春文庫)。 ホームページ「大人マガジン」http://www.otonaryoku.jp/


石原壮一郎「大人のネットマナー教室」

今や、ネットなしでは夜も日も明けません。しかし、メールにせよツイッターにせよSNSにせよ、その“マナー”や“ルール”は極めて曖昧な状態にあります。ネットの危険な落とし穴にはまらないために、ネットをさらに便利に楽しく使いこなすために、いろんな状況における「大人のネットマナー」を追求していきましょう。

「石原壮一郎「大人のネットマナー教室」」

⇒バックナンバー一覧