ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

モディ印首相が訪米へ、完全ではないオバマ氏との信頼関係

ロイター
2016年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
インドのモディ首相は来週7─8日、オバマ米大統領の最も親密な外国首脳の1人としてワシントンを訪問する。2年前に米国入国のビザ(査証)が下りるかどうか危ぶまれたのとは対照的だ。オバマ大統領(左)とモディ首相。ニューデリーで2015年1月撮影(2016年 ロイター/Jim Bourg/File Photo)

[ニューデリー/ワシントン 3日 ロイター] - インドのモディ首相は来週7─8日、オバマ米大統領の最も親密な外国首脳の1人としてワシントンを訪問する。2年前に米国入国のビザ(査証)が下りるかどうか危ぶまれたのとは対照的だ。

 オバマ大統領の来年1月の任期終了前に訪米するよう要請された。モディ氏は上下両院の議員を前に演説が予定されており、これは異例の栄誉とみられている。

 モディ首相が2014年5月に就任して以来、首脳会談は7度目となる。カーネギー国際平和財団のインド専門家であるアシュリー・テリス氏は、米大統領と正式な同盟国以外の首脳の間でこの頻度は印象深いとし、両首脳の「個人的な関係は、過去2年間に起きた予期せぬサプライズの1つだ」と述べた。

 両国関係の進展はオバマ政権の外交政策の成果と目されている。インドは、アジア重視を掲げる同政権のリバランス政策の重要な柱であり、中国への有力な対抗勢力となり得るからだ。

まだ遠い戦略的パートナーシップ

 米印は軍事面でより緊密な協力が可能となり、米防衛企業によるインドでのハイテク兵器の販売・製造を容認する協定について最終合意する見通し。軍事演習の費用をどう分担するかや、暗号化された通信やデータ移転に関する問題なども議論の焦点になるとみられる。

 しかし、植民地支配やそれに続く非同盟政策の歴史を持つインドは、ロシアを抜いて最大の武器供給国となり、力関係で優位に立つ米国に取り込まれることを警戒している。

 防衛ポータルサイトを運営するNitin Gokhale氏は「これは戦略的パートナーシップでも同盟でもない」と指摘。「長期的な協定になる可能性はあるが、戦略的パートナーシップと呼ぶのはまだ早計だ」と話す。

 米国側にも不満はある。両国は2005年に民生用の原子力協定を結んだが、米企業が輸出にこぎつけた実績がまだないからだ。唯一、東芝<6502.T>傘下の米原子力大手ウェスチングハウスが、インドで原子炉6基を建設する契約が最終合意に近づいているもようだ。

 両首脳はインドが希望する原子力供給国グループ(NSG)への加盟についても協議する見通し。NSGは核不拡散を目的として原子力関連の取引をする48カ国が加盟するグループだが、インドは核兵器開発を理由にこれまで加盟を認められなかった。

人権問題への警戒も

 米議会はモディ首相に対しておおむね好意的であるが、一方で、米企業の進出が阻害されていることや、非効率的な官僚主義への批判があり、人権問題の疑念も解消されていない。

 米上院外交委員会のボブ・コーカー委員長(共和党)は電話インタビューの中で「両国の経済的関与を増やすべきであり、米企業のアクセスも拡大されるべきだ」と語った。

 また、モディ氏は2002年に州首相を務めていたグジャラート州で暴動が発生した際、大勢のイスラム教徒が殺されるのを黙認したと言われており、そのために米国のビザが長年与えられなかった。

 米議会人権委員会は首相の訪米初日の7日、インドの状況について公聴会を開く予定。その翌日には議会で首相の演説が行われる。

(記者:Douglas Busvine、Patricia Zengerle 翻訳:長谷川晶子 編集:加藤京子)

 

 

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧