ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

共産党の「小学生に署名活動」に透ける組織の焦り

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第164回】 2016年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 舛添要一都知事は間もなく舛添“前”都知事になるが、結局のところ、この人は何をやりたくて都知事になったのかがわからないままだった。韓国人学校に都有地を貸与しようとしたことくらいしか思い出せなかったりする。

 延命のためとはいえ、無給でいいから都知事を続けたいなんて発言は、愚の骨頂だった。都知事をやらせてくれるなら給料不要と言う人はごまんといるだろうし、だったら高須クリニックの高須克弥院長やホリエモンのようなお金持ちが手を挙げるかもしれない。それこそ共産党員が給料はいらないからと知事をやるなんて言い出したら、東京都は怖ろしいことになる。

 舛添さんが言ったのは、そういうことだ。無給で構わないというのは労働に見合う対価を要求しないということで、資本主義の原則に反する考え方でもある。それとも、舛添さんは身を以て奴隷制度を復活させようとでも思っていたのか。

 ちなみに、舛添さんは給与全額を返上する条例案を提出していたが、それだと退職金が出ないことになるため、辞職願と引き換えに条例案を撤回している。退職金はしっかり貰うことに決めたらしい。こういうところが舛添さんなのだ。

 今回の辞任劇を新聞や週刊誌やワイドショーで見ていたが、騒動をここまでこじらせたのは他ならぬ舛添都知事ご本人だった。さまざまな問題が表面化したとき、すぐに頭を下げ、詫びていればこんなことにはならなかっただろう。

 だから、海外視察に往復二六〇万円のファーストクラスを使いホテルは一泊約二〇万円のスイートと報じられたら、「香港のトップが二流のビジネスホテルに泊まりますか」と逆ギレしたりせず、毎週末の別荘通いに公用車を私的利用したことを問われた際も“公用車は走る知事室”“別荘の風呂は足をゆったり伸ばせる。そうするとアイディアが閃く”だなんて屁理屈をこねず、『竜宮城スパホテル三日月』の宿泊費は家族旅行ではないかと質されたとき、懇意の社長と会っていた、でも政治の機微に関わるから名前を出すのは控えたいなんてツッコミどころ満載の言い訳をせず、近所の天ぷら屋さんでの家族の外食を経費で落としたりマンガ『クレヨンしんちゃん』を子どものために購入したり中国服を政治政治資金で買ったのに「書を書くときはいつもこれを着る」なんて不気味なことは言わず、公私混同の判断を誤った。私用で使った額は返金すると言っていればよかった。

 それを、「第三者の厳しい目で」などと、第三者委員会にはかるとか言うものだから都民は激怒した。はじめに答えありき=違法性なしで、舛添さんに都合のいい結果しか出ないことがわかっていたからだ。新聞だってわかっていたが、根拠なき憶測は書けないから第三者委員会の結論が出るのを待った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧