橘玲の世界投資見聞録 2016年7月7日

「自立した自由な個人」により成り立つスウェーデンの高福祉。
移民流入により、その社会実験の結末はどうなるのか?
[橘玲の世界投資見聞録]

 前回、スウェーデンの「積極的労働市場政策」を紹介したが、その徹底した市場原理と経済合理性に驚きながらも、強い違和感を覚えたひとも多いだろう。

[参考記事]
●北欧は、「新自由主義(ネオリベ)型福祉国家」に変貌していた

「自立した自由な個人」による福祉社会

 スウェーデンの基本原理は、「自立した自由な個人」による福祉社会という理念だ。これは1970年代までの「労働者の楽園」が公共部門の肥大化と不況によって破綻したあと、さまざまな改革によって、グローバル化する市場経済のなかで福祉国家の理念を維持しようと試行錯誤した結果でもある。こうした事情は近隣諸国もほぼ同じで、文化的にも近い(スウェーデンとデンマークは言語もほぼ同じ)国がさまざまな社会政策を実施し、隣国とのあいだで影響しあうことによって、「実験国家」「未来社会」と呼ばれるきわめて合理的な社会がつくられていった。

 一方でこうした社会を、人間の本性に反したグロテスクなものと見なす批判も絶えなかった。彼らにとってスウェーデンは、ジョージ・オーウェルの『1984』が現実のものとなった超管理社会であり、「人道の皮をかぶった全体主義」なのだ。

 こうした拒絶感を生む理由のひとつは、北欧社会の徹底した個人主義にある。イタリアやギリシア、スペインなど「南のヨーロッパ」はいまでも二世代、三世代がひとつ屋根の下に暮らすのがふつうだが、スウェーデンでは高齢者の子どものとの同居率は4%しかない。もちろんスウェーデンでも親子の愛情は変わらないが、それは郊外などに住む子どもや孫が週末に一人暮らしの老親を訪ねてくる、というかたちで表現される。

 高齢者はできるだけ施設の世話にならず、バリアフリー化した自宅で暮らし、介護が必要になるとヘルパーが常駐する特別住宅に転居して、できるかぎり在宅介護のまま「自立」した生活をつづけるよう促される。これは高齢者用施設の運営に多額のコストがかかるためだが、家族と離れ一人暮らしのまま孤独に過ごす老後を「南のヨーロッパ」のひとたちは幸福な人生とは思わないだろう。

 だがその一方で、南欧の家族主義が無条件に素晴らしいわけではない。北欧諸国が高い出生率(女性1人あたり1.9人前後)を維持しているのに対し、スペインの合計特殊出生率は1.32人、イタリアは1.40人(いずれも2012年)と1980年代から急速に低下している。家族を中心とした社会で家族が崩壊し、個人主義の社会で家族が維持されているのだ。

 こうした矛盾が起きるのは、伝統的な家族制度が新しい時代に適応できていないからだ。その結果、グローバル化、知識社会化が進むにつれて、ひとびとは子どもを産まなくなっていく。だからこそ、家族を頼らなくても子育てができるよう合理的に設計された社会でこそ家族の価値は守られるのだと、(自由主義的な)福祉国家を擁護するリベラリストはいうだろう。――この指摘は日本にもそのまま当てはまる。

 現実に社会の効率性・透明性・平等性などのあらゆる指標で、「北」が「南」を圧倒していることは間違いない。「南」のひとたちは「北」と同じように社会を改造するよう求められている。ギリシア危機でアテネを埋め尽くしたデモの群集はEUやドイツに対して理不尽とも思える要求を繰り返したが、彼らの心情の根底には自分たちが大切にしてきた価値観を根こそぎ否定されるような怒りがあるのだろう。

 だがこのことは、私たち日本人にとっても無縁ではない。安倍政権が(民主党政権から引き継いで)行なうさまざまな改革にも、「北のヨーロッパ」からの影響が顕著に見られるからだ。

ストックホルム市街                 (Photo:©Alt Invest Com)

 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。