6月21日、ソフトバンクグループは、ニケシュ・アローラ副社長(写真右)が退任すると発表した。左は孫正義社長、都内で2015年11月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - ソフトバンクグループは21日、ニケシュ・アローラ副社長が退任すると発表した。社長交代時期をめぐり孫正義社長と認識にずれが生じたため、22日の任期満了に伴い退任する。孫社長の後継者選びは振りだしに戻った。

 ソフトバンクは退任の理由について、孫社長は当面トップとして指揮を執り続ける意向だったのに対し、アローラ副社長は「数年のうち」にトップに就く意向を示したことから「両者の時間軸のずれを踏まえ、退任することになった」と説明している。

 アローラ氏は7月1日付で、同社の顧問に就任する。

 孫社長はアローラ氏の顧問就任のリリースで「(当初は)60歳の誕生日に経営を引き継いでもらおうと考えていた」と胸の内を明かす一方で、ソフトバンク2.0やスプリントの再建などに取り組むには「少なくともあと5年から10年は(自身が)社長として率いていく必要がある」とも指摘。「この間ずっとニケシュを、トップになるまで待たせてはいけないと考え、ニケシュと話し合い、顧問の立場で引き続き貢献してもらうことになった」と述べ、あくまで円満退任であることを強調した。

 アローラ氏は米グーグル最高事業責任者から2014年9月にソフトバンクに移籍。初年度の報酬が移籍金を含め165億円にのぼったことで話題となった。

 ソフトバンクでは、インドのインターネット通販大手スナップディールやタクシー配車アプリのオラなどへの出資を手掛ける一方で、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングやフィンランドのスマートフォン向けゲーム会社スーパーセルの株売却を進めるなどポートフォリオの見直しも主導。グローバル化への取り組み「ソフトバンク2.0」では海外部門を統括、将来はグループを率いる予定だった。

*内容を追加して再送します。

(志田義寧)