ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ただいま投票中! 英国民投票、結果判明までの流れ

ロイター
2016年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
英国が欧州連合(EU)から離脱するか、それとも残留するかが決まる国民投票が6月23日に実施される。1日撮影(2016年 ロイター/Russell Boyce/Illustration/File Photo)

[22日 ロイター] - 英国が欧州連合(EU)から離脱するか、それとも残留するかが決まる国民投票が6月23日に実施される。投票方法や、即日開票の進め方、誰に投票権があるか、は以下の通り。

◎質問

 投票用紙には「英国は欧州連合のメンバーにとどまるべきですか、それとも欧州連合を離脱するべきですか」という質問が書かれている。

 投票者は下記の答えのいずれかに印をつける。

 「欧州連合のメンバーにとどまる」

 「欧州連合を離脱する」

◎投票

 投票所は23日0600GMT(日本時間午後3時)に開場し、同2100GMT(日本時間24日午前6時)に閉場。

◎出口調査

 誤差が大きすぎるとみられるため、マスコミ各社は出口調査を計画していない。ただ、一部のヘッジファンドが個別調査を依頼したと報道されており、市場に影響を与える可能性がある。

 調査会社イプソスモリがイブニング・スタンダード紙の委託で投票前に実施した電話調査の詳細が投票日に公表される見通し。

 調査会社ユーガブは投票日にオンラインで世論調査を実施し、調査結果は投票が締め切られる2100GMT(日本時間24日午前6時)直後にスカイニュースが公表する。

◎結果発表

 投票締め切りの2100GMT(日本時間24日午前6時)直後から開票が始まる。開票は手作業で行われる。

 382の集計区がそれぞれ投票用紙を集計し、無効票や郵送投票を含めた投票総数を発表する。当日2230GMT(日本時間24日午前7時半)から翌24日0130GMT(同午前10時半)に大半の集計区が発表し、0400GMT(同午後1時)ごろに終了する見通し。

 次に「残留」票と「離脱」票を集計し、各集計区が結果を発表する。24日0100GMT(日本時間24日午前10時)から0300GMT(同午後0時)ごろに大勢が判明し、0600GMT(同午後3時)ごろにはすべて判明する見通し。

 各区の結果が12地区にまとめられ、さらに全国の結果が集計される。最終結果は、開票責任者がマンチェスターで発表する。

◎集計区

 各集計区は行政区ごとに設定され、有権者数はそれぞれ異なる。有権者数が最大の集計区はバーミンガム、リーズ、北アイルランド。バーミンガムの有権者数は約70万人に上るのに対し、ロンドン中心部のシティ・オブ・ロンドンはわずか7000人。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧