ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最強のコピーライティングバイブル
【第48回】 2016年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
神田昌典+横田伊佐男

『最強のコピーライティングバイブル』を
一生モノにする
必勝コピー3訓

1
nextpage

約3年の月日をかけて、伝説の名著3部作・計4冊2000ページ超が1冊に凝縮された『最強のコピーライティングバイブル』が発売たちまち重版出来となった。鉄板の法則を「骨」とし、国内成功24業種100事例で肉づけした著者の横田伊佐男氏。
7/18にリリースされた本連載「アウディを年間4億円売るエース営業マンの手紙」が大ブレイク。この記事だけで、10万PVを突破した。
「Amazonランキング大賞2016上半期【ビジネス・経済】ベスト10」にランクインした『稼ぐ言葉の法則』著者で、「日本一のマーケッター」の神田昌典氏が「今後100年、歴史に刻まれる名著」と断言した『最強のコピーライティングバイブル』から、コピーライティングの極意をこっそり紹介してもらおう。

『最強のコピーライティングバイブル』体系的習得法

横田伊佐男(Isao Yokota)CRMダイレクト株式会社代表取締役。企業や受講者の課題点をすばやく摘出し、短時間で確実な成果へと引き上げる「超訳力」を駆使したマーケティング研修講座は、上場企業ホールディングス、政府系金融機関、欧州トップの外資系金融企業、意欲ある中小企業経営者等からの依頼が絶えず、これまでの受講者はのべ2万人を数える。横浜国立大学大学院博士課程前期経営学(MBA)修了。横浜国立大学成長戦略研究センター研究員。 【CRMダイレクトHP】 http://www.crm-direct.com/

1. 「幹」と「枝」に分けて理解する

 何事においても、「幹(本質)」と「枝(付随)」があり、2つに分けることができる。

 たとえば、語学習得においては「幹=文法」であり、「枝=単語」である。本書で紹介したコピーライティングにおいては、「幹=戦略・型・フレーム」であり、「枝=事例・実績」だ。

 しっかりと根づいた幹の上には、華やかな枝葉が咲き誇る。つまり、「戦略・型・フレーム」を身体に覚え込ませて、豊富な事例を学び取り、自分だけの新たな事例をつくり上げてもらいたい。

2. 1枚にまとめて、頭のポケットに入れる

 伝説の名著3部作が使いこなせない要因は、分厚すぎて、頭のポケットに入らないからだ。

 そのために、本書をさらに1ページにした「超訳サマライズシート(シートA)」を、本書巻末ページに添えた。

 これは、各章のまとめを1枚にしたものなので、これだけは、頭のポケットに入れておいてほしい。

 いざというときに、ポケットから取り出し、すぐ使いこなせるはずだ。

3. 1枚のプランシートを使い倒す

 各パートの諸注意事項を1枚にまとめた「超訳サマライズシート(シートA)」は、頭に入れるものだ。

 それとは別に、現場でコピーを書くときに役立つ「超訳1枚プランシート(シートB)」も添えた。

 いきなりキーボードに向かう前に、鉛筆片手に書きだして、アイデアを整理してみるといい。

本書を読み終わり、私の言葉が届かなくとも、上記の3つを励行すれば、売れるコピーを書く力が必ず身につく。

 門外不出となるような、あなた独自の「秘伝の必勝コピー」を自分の手でつかみとっていただきたい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



最強のコピーライティングバイブル

日本一のマーケッター神田昌典氏が「これは、今後100年、歴史に刻まれる名著だ」と断言した非常に稀有な書。名著“黄金のクラシックシリーズ"3部作【ザ・コピーライティング】【伝説のコピーライティング実践バイブル】【ざ・マーケティング<基本篇>】【ザ・マーケティング<実践篇>】を1冊に“ALL IN ONE"!  24業種・国内成功100事例付きだから、長くすぐ使える!【PART1】「戦略を練る」で、『ザ・マケ』を、【PART2】「グッと惹きつける」で、『ザ・コピ』、【PART3】「すぐ行動させる」で、『伝コ』を超訳。【PART4】で、ケープルズが口酸っぱく言っていた「テスト! テスト! テスト! 」の方法を紹介。【PART5】で現場ですぐに使える「超訳サマライズ」を紹介。2000ページ超を10分の1にしたコンパクトかつ濃密な内容のエッセンスを本連載でこっそり紹介する。
 

「最強のコピーライティングバイブル」

⇒バックナンバー一覧