ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

バリュートラップを避ける
景気に敏感な低PER銘柄

吉野貴晶
2010年9月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 8月末時点で東証1部上場中のPBR(株価純資産倍率)1倍割れ、PER(株価収益率)10倍割れ銘柄は、それぞれ67.7%、25.7%となっている。これはリーマンショック後の相場回復局面前の水準に近くなった。株式市場の割安感が高まっている。

 過去をさかのぼり、足元と同様の景気環境のときにどの投資指標に注目するとよいかを調べてみると、意外にもシンプルな低PER投資が効果的だとわかった。

 PERは成長期待が鈍化した場面で有効性が高まる。特に減速懸念があるときは利益がしっかりと出ており、その利益を基準として株価が割安という観点から投資が効果的となる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧