経営×総務
総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』
2016年7月11日
著者・コラム紹介 バックナンバー
太期健三郎 [ワークデザイン研究所 代表取締役]

〔リスクマネジメント総論 第1回〕「リスクマネジメント」とは?

リスクとはどれも企業の存続、業績を及ぼす「発生しては嫌なこと」(経営リスク)

 私は人材コンサルティング会社に在籍していたとき、経営管理部門でリスクマネジメントの推進を担当していました。

 ゼロの状態から体制や仕組みをつくり、推進していきました。その経験を踏まえて、「リアル」で実践的なリスクマネジメントのコラムを執筆していきます。試行錯誤、失敗、改善というプロセスから私が学んだことを皆様と共有し、参考にしていただければ幸いです。

 さて、リスクマネジメントとは何でしょうか?様々な解釈があり、「危機管理」「危険管理」などの訳語を当てはめられることが多いですが、私はリスクマネジメントというカタカナを使っています。簡単に言えば、リスクマネジメントとは「リスクの発生を予防するとともに、発生してしまった場合の被害を最小にするための一連の活動」です。

 「リスク」という言葉も定義が難しく、「不確実性」「危険」などの訳語が使われます。私のコラムでは、リスクとは「企業経営上、発生しては嫌なこと」と定義します。法令違反、社員の不祥事、個人情報の漏洩、天災......などなど。どれも企業の存続、業績に影響を及ぼす「発生しては嫌なこと」=リスク(経営リスク)です。

 リスクマネジメントとは「リスクの発生を予防するとともに、発生してしまった場合の被害を最小にする(事後対応)ための一連の活動」と述べました。「予防」を基本として、万一発生しても被害、損失を最小にする「事後対応」できる仕組みを整えることです。

 個人でも企業でも起こりうる「火災」を例にして説明しましょう。火災対策も基本は「予防」です。家庭で考えれば、タバコの火の始末徹底、ガスレンジやストーブ周辺の整理整頓、コンセント・電気コードの定期点検、などが「予防」の活動になります。

 それに対して、消化訓練、避難訓練の実施や、火災報知器の設置などは、万一火災が発生した場合の被害を最小限にするための活動です。また、火災保険への加入は、火災発生時の経済的損失を保険会社へ移転することを意味します。

 もうひとつ「風邪」を例にしてみましょう。風邪対策も基本は「予防」ですね。具体的には、マスクの着用や、手洗い・うがいの励行などがあるでしょう。また、風邪ウィルスへの抵抗力を高めるために、日頃からの体調管理も大切になります。それでも、残念ながら風邪をひいてしまったらどうしますか?とるべき事後対策は、栄養をとって、風邪薬を飲み、十分な睡眠をとることだと思います。風邪は万病の元。無理をしてこじらせれば、被害は広がっていきます。

 つまり、
「火災は起こすな! 起きてしまったらボヤのうちに消せ」
「風邪はひかない! ひいたらこじらせない」です。

 それをリスクマネジメントの原理原則で言い換えれば、「企業リスクは発生させない! 発生してしまったら、被害を最小限に抑える」です。

 リスクマネジメントの本質をご理解いただけたでしょうか?

 次回から、リスクマネジメントの実践的な取り組み方を説明していきます。

(月刊総務オンライン 2010年2月12日掲載)

 

経営×総務 特集TOPに戻る



 

 

 

 

 

 

太期健三郎 [ワークデザイン研究所 代表取締役]

【経歴】
《1969年》
神奈川県横浜市で生まれ育つ。

《1993年》
早稲田大学法学部卒業(専攻:商法)
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社)に入社。
7年間経営コンサルティングに従事。人事制度改革、人材開発を得意領域とする。

《2000年》
株式会社ミスミに入社。営業拠点・コールセンターの統括業務を担当。
営業戦略の立案・推進、コールセンターの業務改善などを行う。
三枝匡社長(当時。現在会長・CEO)の直轄タスクフォースにて営業改革、短期営業戦略を推進する。

《2003年》
株式会社グロービスに入社。
人材育成、組織開発コンサルティングに従事した後、グループ管理本部にて、コンプライアンス、法務、人事業務を担当。
実行責任者として推進したコンプライアンス推進プロジェクトにて同社President Awardを受賞。

《2008年》
ワークデザイン研究所を設立。
経営コンサルタント並びに企業研修・セミナー講師として活動中。
書籍出版、複数のビジネスコラム連載、メールマガジン、ブログ(「ワークデザイン研究所」代表 太期健三郎の日記)などにより情報発信を続ける。

現在は千葉県市川市に在住。妻と2人の息子の4人家族。

【著書】
『ビジネス思考が身につく本』(明日香出版社)
『成果を上げる人の仕事の戦略』(株式会社アイ・イーシー)
http://www.iec.co.jp/products/course/business_skill/wj-04830/wj-04830.html
『日本はこうなる』(講談社)

【執筆】
Webマガジンジンジュールでコラム連載中。
「コンサルタントが世界一やさしく教えるビジネス思考」(全25回)
「人事パーソンのための実践!ビジネスフレームワーク」(2012年4月から連載中)

労政時報「自動車を乗り換えるように、人事制度を簡単に見直してはいけない」

【講演、セミナー、研修実績】
人材マネジメント(人事評価、給与体系、人材育成など)、リスクマネジメント・コンプライアンス、ビジネススキル(問題解決、論理思考、リーダーシップなど)に関する講演、セミナー、研修など多数登壇。

 


総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』

企業の総務部門に向けた唯一の専門誌『月刊総務』と、そのウェブ版である『月刊総務オンライン』に掲載された記事から、総務パーソンが読んですぐに役立つ「戦略的仕事術」を紹介。総務部門はサービス部門ではなく、経営を支える戦略部門である。その「考え方」と「企業事例」、「実務ノウハウ」をあますところなくお伝えする。

「総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』」

⇒バックナンバー一覧