ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英とEUの新関係構築、既存モデルなく交渉長期化へ

ロイター
2016年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
国民投票で欧州連合(EU)離脱が多数派を占めた英国は、EU市場へのアクセス権を最大限維持しながら、主権は回復して移民流入を制限したいと願っている。写真はロンドンの国会議事堂付近でEUとの連帯を訴える女性。28日撮影(2016年 ロイターS/Dylan Martinez)

[ブリュッセル 28日 ロイター] - 国民投票で欧州連合(EU)離脱が多数派を占めた英国は、EU市場へのアクセス権を最大限維持しながら、主権は回復して移民流入を制限したいと願っている。しかしそれにふさわしい既存の協定モデルは今のところ存在しないので、英国とEUの新たな関係を築くための交渉が長引き、相当な曲折を経るのは避けられないだろう。

 EUがノルウェーやアイスランド、リヒテンシュタインと合意した欧州経済地域(EEA)という枠組みならば、農業と漁業を除いた単一市場へのアクセスは保証される。

 英金融街シティの自治組織、シティ・オブ・ロンドンは政府当局にノルウェーと同じような協定を結んで英金融サービスセクターがこれまでと同じようにEU域内で事業展開できるようにしてほしいと要望している。

 しかしEEAには大きなネックがある。加盟国はEUが定めた「人の移動の自由」と拠出金のルールを受け入れる必要があるが、国民投票で離脱に賛成した英国民の多くは、EUが英国の主権を損ない、東欧から際限なく移民が入ってくるのを許していると不満を持っているからだ。

 シティ・オブ・ロンドンの政策責任者、マーク・ボリート氏は、金融業界にとって解決策の1つはノルウェー型の協定締結だとしながらも、EU離脱支持派がそれを受け入れられるかというのはまた別の問題になると指摘した。

 ノルウェーのソルベルグ首相も、同国とEUが結んだ関係が英国のようなずっと規模が大きく、固有の歴史がある国にも有効かどうかは疑問だとの見方を示した。

 ソルベルグ氏は「われわれは自分たちが参加できないEU内の会議で決まったルールや規制を受け入れる。ノルウェーは小国で歴史も違う。市場アクセスや雇用をもたらし経済成長を確保するという点で、われわれはそうした事態を許容する」と述べた。

 EUはスイスとの間では数多くの個別的な協定を取り交わしているが、金融サービスの分野では合意に達していない。このためスイスの銀行はEU域内で直接的に商品を販売することはできない。一方、スイスは人の移動の自由を承認したが、2014年の国民投票で移民制限への賛成が過半数に達し、EUともめ続けている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧