経営×総務
総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』
2016年9月2日
著者・コラム紹介 バックナンバー
山見博康 [山見インテグレーター株式会社 代表取締役社長]

〔危機管理広報 その1〕危機対応とは

 「ダーウィンが来た!」は面白い。

 NHKの毎週日曜日夜の7時半、夕食後の30分が待ち遠しい。生き物の、生きることの素晴らしさと厳かさを迫力の映像で伝えていく。大自然の脅威の映像や感動の物語の数々。

大接近!シーラカンス、幻のアルマジロを探せ!
壮絶1200頭!カバ大集合

 など、日本の身近な自然から世界各地の未知の自然まで実に様々だ。身近な生き物に秘められた知られざる物語、多彩なストーリーラインが用意されている。

特に一般企業からは、トップに対するメディアトレーニングの実施要請を受けることが多くなった

 しかし、私の本当の興味はそれではない。実は、"危機対応の原点"がそこにあるからだ。

つまり、

(1)“人間は動物である”こと。生きる糧をいかに獲るか? 獲れなければ死ぬ!そんな過酷な生存競争の中で、いかに子孫を残すか?
(2)“生きることは危機対応である”こと。生きる脅威と外敵にいかに備え、身を護るか?          

 人の営みも、動植物の営みも究極のところ何も変わらない。どんな動植物でも、生きとし生けるものにとって、生きるとは、生命の維持+種の保存との闘いの日々。生命の維持とは、獲物を獲って食べることと敵から身を護ることである。生命の危機をもたらす敵とは:

1.天候、災害等自然の敵
2.自分が誤って怪我する油断という敵
3.危害を加えられ、食べられる外敵
4.病気になる内敵

 これらの敵から命を護るためには、次の4つであろう。        

1.敵は誰かを特定する
2.敵に見つからないようにする
3.敵を一瞬でも早く見つける
4.すぐ逃げるか、戦って退ける

  • 1
  • 2

経営×総務 特集TOPに戻る



 

 

 

 

 

 

山見博康 [山見インテグレーター株式会社 代表取締役社長]

【略歴】
1945年 福岡県飯塚市生まれ
1963年 福岡県立嘉穂高等学校卒業
1968年 九州大学経済学部卒業(株)神戸製鋼所入社
1977年 人事部、鉄鋼事業部(国内販売・鉄鋼輸出)を経て中東カタール政府との合併事業
「カタール製鉄プロジェクト」に出向(ドーハ駐在)
1979年 秘書室広報係長(東京)
1981年 秘書室広報課長(神戸)
1984年 エンジニアリング事業部 技術協力室課長兼営業企画部(東京)課長
1985年 日豪政府協力事業「褐炭液化プロジェクト」に出向、メルボルン事務所副所長
(日豪マスコミ関係も担当)
1989年 秘書室広報次長(神戸)
1991年 広報部長(東京)
1994年 ドイツ・デュッセルドルフ事務所長(日欧マスコミ関係も担当)
1997年 スーパーカー商業化ベンチャー企業および経営コンサルティング会社に出向
多くの中小ベンチャー企業に広報・PRやマーケティング支援を行い、
中小企業経営を学んだ後

2002年4月に独立、現在に至る

■米国ダートマス大学エイモスタック経営大学院マネジメントコース修了

【業務内容】
・戦略広報PR・危機対応全般
・マーケティング支援
・人材紹介(エグゼクティブサーチ)
・セミナー講師

【公職】
独立行政法人中小企業基盤整備機構 経営支援アドバイザー
公益財団法人日本バスケットボール協会 裁定委員会委員長
一般社団法人企業価値協会 理事
公益財団法人 全日本柔道連盟 広報アドバイザー
社会福祉法人木下財団 評議員

【著書・編書】
『会社をマスコミに売り込む法』 中小ベンチャー企業のための広報実践指南書
 (2002年5月 ダイヤモンド社 05年)
・『広報の達人になる法』 戦略的PR活動のための88の鉄則...序文:カルロス・ゴーン
 (2005年3月 ダイヤモンド社 06年7月3刷)
・『絵解き 広報活動のすべて』 プレスリリース作成からメディア対応まで
 (05年10月 PHP研究所07年2月重版)
・『山見式PR法』 メディアが取り上げたくなる5つの切り口(翔泳社06年9月)
・『だから嫌われる』 近藤信緒の「人に好かれる法」50ヵ条
 (07年4月ダイヤモンド社)
・『広報・PR実務ハンドブック』
 広報の基礎、実務手順からメディア対応、危機対応まで
 序文+帯推薦文:出井伸之クオンタムリープ(株)代表取締役
 (元ソニー会長兼グループCEO)(08年4月日本能率協会マネジメントセンター)
・『わかる!使える!広報活動のすべて』
 ~伝わるPRの方法から、ネット広報、危機対応まで~
 (08年6月 PHP研究所、PHPビジネス新書)
・『この1冊ですべてわかる 広報・PRの基本』
 ~広報・PRの第一人者がわかりやすく説明する「現場でやること」~
 (09年5月 日本実業出版社)
・『新聞・テレビ・雑誌・ウェブに取り上げられるPRネタの作り方』
 ~PRの基本11ステップで取材依頼が舞い込む!~
 (2010年3月1日 日本能率協会マネジメントセンター)
・『「仕事が速い」と言われる人の3秒ルール』
 ~たった3秒の「決断」であなたの仕事は変わる!~(2010年7月5日 かんき出版社)
・『58歳からはじめる定年前後の段取り術』
 帯推薦文:岡本行夫氏(外交評論家・MIT国際研究センターニシアフェロー)
 (2012年8月22日 明日香出版社)
・『企業不祥事・危機対応広報完全マニュアル』
 帯推薦文:佐々木淳行氏(初代内閣安全保障室長)
(2013年4月17日 自由国民社)
・『小さな会社の広報・PRの仕事ができる本』
 プレスリリースの書き方からメディア別アプローチの仕方まで
 (2013年10月 日本実業出版社)
・『はじめてのPR100問100答』(明日香出版社 2010年)
・『人に好かれる法』(近藤信緒著、山見博康編)
 60年前、50万人が読んだベストセラー遂に復刻(07年4月ダイヤモンド社)
・『広告をキャリアにする人の超入門』<共著> (2011年9月30日三和書籍)

 


総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』

企業の総務部門に向けた唯一の専門誌『月刊総務』と、そのウェブ版である『月刊総務オンライン』に掲載された記事から、総務パーソンが読んですぐに役立つ「戦略的仕事術」を紹介。総務部門はサービス部門ではなく、経営を支える戦略部門である。その「考え方」と「企業事例」、「実務ノウハウ」をあますところなくお伝えする。

「総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』」

⇒バックナンバー一覧