経営×総務

コスト削減を実現するためには、こまごまとした施策の導入や業務改善だけではその効果は限定的。大きな視点で削減すべきターゲットを見定め、根本的なところから見直すことが大事である。ここでは、コスト削減を進める上で大切な七つのポイントを示す。

①狙いを定める

なかなか進まない職場のコストカットを断行するには、どんな視点を持つことが大切だろうか

 最初に行うべきは、データの把握だ。通信費、消耗品費、福利厚生費、リース費用等々、総務が管理している経費にどのような費目があるのか明確にし、その上で各費目を構成している内訳を詳細に把握することである。金額の少ない費目をいくら削減しても、全社に対するインパクトは小さい。金額の大きな費目にまずは狙いを定めるべきである。

 たとえば、光熱費のうちの電気代。一昨年の夏の節電では、多くの企業がエレベーターを止めた。しかし、オフィスの電気使用量においてエレベーターの占める割合は5%もない。良かれと思って削減しても、インパクトは小さいし、逆に業務の非効率化を招いてしまった。オフィスの電気使用量のほぼ半分を占める空調、4分の1を占める照明にターゲットを定めて施策を行えば、大きな効果が得られる。やみくもにコスト削減を行うのではなく、データを見える化し、優先順位をつけ狙いを定める。

②ゼロベースで考える

 費用項目からコスト削減を考えるケース、人件費削減という観点から、業務単位、仕事単位でアプローチするケースがある。後者の場合は、その業務の存在そのものをゼロベースで考えることである。業務の目的は何か、提供価値は何かを明確にして、全く不必要と判断されれば、大きなコスト削減効果が、関連する費用、人件費削減として見込める。

  • 1
  • 2

経営×総務 特集TOPに戻る



 

 

 

 

 

 


総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』

企業の総務部門に向けた唯一の専門誌『月刊総務』と、そのウェブ版である『月刊総務オンライン』に掲載された記事から、総務パーソンが読んですぐに役立つ「戦略的仕事術」を紹介。総務部門はサービス部門ではなく、経営を支える戦略部門である。その「考え方」と「企業事例」、「実務ノウハウ」をあますところなくお伝えする。

「総務パーソンのための「戦略的」仕事術 Powered by 『月刊総務』」

⇒バックナンバー一覧