ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

交際経験ゼロ男と結婚コスパ厨女の埋まらない溝

宮崎智之 [フリーライター]
【第30回】 2016年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
女性の方が異性との付き合いの経験値が高く、一部の経験豊富な男性がモテているのが現状だ

 草食系、絶食系、ロールキャベツ……。若者の消極的な恋愛観を好奇な視線で論じる記事にはほとほと食傷気味だろうが、また新たな調査結果が発表されて話題になっている。

 明治安田生活福祉研究所が、男女3595人に対して実施した調査「20~40代の恋愛と結婚」(6月20日発表)によると、20代男性の53.3%がこれまで一度も交際経験がないという。2013年の調査では30.2%だったため23ポイント以上も上昇したことになる。「結婚願望がある」と答えた20代男性も、67.1%から38.7%に激減する結果となった。

 なぜ、彼らは恋愛に消極的になり、結婚にも希望を持たなくなってしまったのだろうか。調査結果をより詳しくチェックしていくことで、その理由を探っていきたいと思う。

男性の「モテ格差」が広がる現在の恋愛市場

 消極的という言葉を使ったが、交際経験や結婚願望の数字を見ただけでは、本当に消極的になっているのかはわからない。「恋人はほしいけど、作れない」というパターンも想定されるし、そうとするならばコミュニケーションの問題なのか経済的、社会的な要因なのかも判然としない。そもそも恋人がいないから、結婚願望がないとも考えられる。

 まずは、「交際経験」について見ていこう。

◆20~40代の恋愛と結婚

出典:明治安田生活福祉研究所 拡大画像表示

 20代男性の53.3%がこれまで一度も交際経験がないことは前述のとおりだが、30代になっても38.0%と4割近い男性が交際を未経験だ。ちなみに、交際経験があると答えた男性のうち、1人と付き合ったことのある20代男性は15.3%。続いて、2人が10.7%、3人が6.3%、4人が4.3%、5人が2.3%と数が増えるごとに割合が減る傾向がある。

 一方、交際人数が増えると減っていた割合が「6人以上」になると7.7%と盛り返しており、交際経験を巡って「格差」が生じている状況だ。これは、30代男性でも同じ傾向が見られ、「モテる男はモテる」という身も蓋もない現実がある。「6人以上」とは、もしかしたら「100人」のことかもしれない。

 女性は20代、30代ともに、男性よりも交際経験が多い。30代女性で「6人以上」と交際経験がある割合は14.0%で、同年代の男性が1人と付き合っている割合とほぼ同じだ。

 交際経験の差が、恋愛においてどのように作用するのか。実際のところはよくわからないが、同年代と付き合おうとする場合、普通に考えれば女性のほうが経験値は高い。仮に女性が“経験豊富な男性”を求めるならば、一部の「モテ男」を狙わなければいけないことになる。競争率が高いうえ、男性における「モテ格差」はますます広がりそうだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル

「なぜ、彼と話しているとイライラするのか」「彼女と関わると、なぜかトラブルに巻き込まれるのよね」――。あなたの周囲にも、きっとそんなタイプの人がいるだろう。そう、彼らは「めんどい人々」なのである。なぜ彼らは「めんどい」のか。世代間ギャップや価値観の違いなどその背景には色々な理由があるだろうが、はっきり理由がわからず、悩みは深まるばかりだ。この連載では、職場の上司、部下、同僚、そしてプライベートの友人、恋人まで、あなたを面倒事に巻き込む人々のパターンとうまく付き合って行くための心得を、できるだけわかり易く分析して行こう。「めんどい人々」とうまく付き合うための参考にしてほしい。

「あなたを悩ます「めんどい人々」解析ファイル」

⇒バックナンバー一覧