ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

選挙の候補者ポスターが「美男美女」だらけの理由(下)

松井雅博 [政治ジャーナリスト]
2016年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 ネットは確かに便利だ。お金をかけずに多くの情報を発信することができる。だが、インターネットというものはユーザーが能動的に見に来ないと見てもらえないという欠点、いや、特徴がある。

 例えば、筆者はかつて維新の党の衆議院議員の事務所で政策秘書として働いていたが、そのブログやホームページのPVは、正直、筆者のプライベートのブログより少ない数字だった。

 選挙期間中においてさえ、候補者のブログやホームページは、皆さんが想像しているよりも、はるかに誰にも見てもらえていない。そして、PVが急上昇するのは投開票日の「翌日」である。つまり、「この候補者は当選したのかな?」と検索しており、投票の前に見る人はほとんどいない、ということになる。つまり、ネットで発信するのは自由だが、それが受信してもらえるかどうかはわからない。ちなみに、facebookなどでネット広告を打とうとすると、かなり高額なお金がかかる。

 ネットで発信しても見てもらえない理由は簡単で、「面白くないコンテンツ」をいかにネットにばらまいても、誰もクリックしないし、誰も読まないし、拡散もしない。投開票日の翌日にPVが上がるのは、翌日の新聞やテレビで当選者が紹介されるからだ。それでもなお、大したPV数にはならない。

 ネットの世界は想像以上に厳しい自由競争の世界だ。ネットで何かを発信すれば自動的に多くの人に読んでもらえるなんて思っていたら甘すぎる。それは、こうしてネットメディアで記事を書いている筆者は身に染みてよくわかっているつもりだ。

政党の公認さえ受ければ
カカシでも当選する!?

 ここまで、選挙活動のおかしなトリビアを紹介してきた。

 選挙に当選すべく、候補者たちは懸命に自分のことを知ってもらおうと、選挙カーで自分の名前を連呼したり、交差点でタスキをかけてペコペコお辞儀をしたり、駅前で名前と顔写真とキレイゴトばかりが並べ立てられたチラシを配布したり、誰も聞いてないのに大音量のマイクで演説したりするわけだが、これが逆に普通の人々からすれば「アホらしい」とシラけさせてしまう。この「知名度が高けりゃ当選する」という間違った思い込みが、アホな選挙制度が温存される根本原因である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

松井雅博[政治ジャーナリスト]

まつい・まさひろ/1979年6月14日生まれ。慶應義塾大学理工学部卒。工学・教育学の2つの修士号を持つ。国家公務員1種法律職試験合格(政策秘書資格取得)。国連英検A級。マッキンゼーアンドカンパニーなどグローバル企業での勤務を経て、国会議員政策担当秘書として政界へ飛び込む。35歳の若さで、第47回衆議院議員選挙に兵庫10区(加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)より出馬し、5万1316票を獲得するも落選。一民間人の感覚で政治の現場や裏側を見た経験を活かし、これまでブラックボックスだった政治の世界をできる限りわかりやすく面白く伝えることに情熱を燃やす。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧