ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

全国高校「大学合格力」ランキング・ベスト50
3位東大寺、2位筑駒、そして1位は?

ダイヤモンド・セレクト編集部
2016年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
「大学合格力」全国高校ランキング・ベスト200校、および都道府県別ランキング全国2751校は、現在、書店で発売中の「ダイヤモンド・セレクト2016年8月号」をご参照ください 協力:大学通信 ©ダイヤモンド社 禁無断転載

「西高東低」の合格力
全国進学校のトップ校事情

 「大学合格力」の上位に並ぶ学校は全国的な知名度をもつ進学校ばかりである。ベスト10校の内、過去3回でも10位以内だった学校は1位灘、2位筑波大学附属駒場(筑駒)、4位甲陽学院の3校である。いずれも男子校である。この3校は東西を代表するトップ校といっていい。灘は医学部合格力でも1位だが、13年も同じくダブル1位だった。

 それにしても、灘と甲陽学院は最寄り駅が同じ阪神本線沿線で、直線距離で6kmほどしか離れていない。この2校が競い合う関西のトップ校の底力には驚嘆する。

 ベスト10では、3位東大寺学園、6位大阪星光学院、そして今回は16位の洛星も複数回顔を出す常連。そしていずれも男子校である。

 今回、共学校として5位に入った東京芸術大学音楽学部附属音楽は極めてユニークな学校である。基本的に卒業生は全員東京藝大を受験する。そして例年9割以上の生徒が音楽学部に進学する。国立の中でも稀有な附属校である。そのため、前回までの選定基準では浮かび上がることはなかった。

 公立校は今回2校が入っている。13年ゼロ、14年3(旭丘、北野、岡山朝日)、15年1(富山中部)ときて、今回は8位に北野、10位に旧帝大の北海道大に126人も合格者を出した札幌南が入った。

previous page
3
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧