ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

セーフティネットであらゆる者が自信を持ち自立できるようにせよ

上田惇生
【第212回】 2010年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
【絶版】
ダイヤモンド社刊
2548円(税込)

 「社会の大転換が進行中である。その結果、いたるところで社会的なミスマッチが生じている」(『未来への決断』)

 社会的なミスマッチばかりではない。経済的なミスマッチも生じている。両者は連動している。

 なにかの巡り合わせで、そもそもの最初から、時代が要求する能力を身につけられなかった人たちがいる。あるいは、能力と責任感を持ちながら、多額のローンを抱えてリストラされ、生活の基盤を危うくされている人たちもいる。

 今日のような成長と転換の時代には、一人ひとりの人間が危険な事態に陥り、社会そのものが危険な状況を迎える怖れがある。それだけに、セーフティネットが必要である。セーフティネットは多額の資金を必要としない。

 ドラッカーは、必要なのは人びとが自信を持って自立できるようにすることだ、という。使うべき用語は、「福祉」ではなく、「自立」と「配慮」である。

 今日、多くの人たちがよい生活を送るようになったという事実が、機会に恵まれずに取り残される人たちを浮き彫りにしている。

 しかし、あらゆる者が自信を持ち、自らを発展させる力を高めることこそ、あらゆる者の利益にかなうのである。これは、かつてのような右と左のイズムの問題ではない。それは単に、マネジメントとイノベーションの問題である。

 「苦境にある人たちに見切りをつけることが間違いなのは、必要なものが何であるかを教える成功例が既に沢山あるからである」(『未来への決断』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧