ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英独2人の「鉄の女」が握るEUの命運

ロイター
2016年7月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
英国の離脱交渉では、出自の似た2人の女性首脳が一戦を交えることになる。写真は英次期首相のメイ氏。英バーミンガムで11日撮影(2016年 ロイター/Andrew Yates/File Photo)

[ベルリン/ブリュッセル 12日 ロイター] - 欧州連合(EU)離脱派が多数を占めた英国民投票を受け辞任したキャメロン英首相の後を継ぐメイ次期首相。そして、EU加盟国のどの首脳よりも影響力のあるドイツのメルケル首相。ともにキリスト教の聖職者の家に生まれ、類まれな頭脳を持ち、並み居る男性政治家を押しのけて保守政党のトップに上り詰めた。英国の離脱交渉では、出自の似た2人の女性首脳が一戦を交えることになる。

 59歳のメイ氏はオックスフォード大で学び、ドイツ政府幹部は「とてもしつけのいい女性」と評する。この6年間、内相を務め、フランスのカズヌーブ内相と非常に良い関係を築いているともいわれる。

 61歳のメルケル氏は2005年の総選挙で華々しい活躍をしていた社会民主党のシュレーダー前首相を破り、首相の座に10年就いている。英国民投票後にはフランス、イタリアの両首脳と会談しEUの将来について協議するなど、重要な役割を担っている。

 EU基本条約のリスボン条約によると、離脱の手続きは英国以外の加盟27カ国の首脳で構成する欧州理事会で決定しなければならない。

 メルケル、メイ両氏の共通理解は、国民投票の結果を尊重し「離脱を決めたら離脱する」だ。だが、譲れない一線もある。

 メイ氏は離脱手続きを急ぎたくない。一方で、メルケル氏は英国に対し早急に離脱に向けた主張を明確にするよう望んでいる。

 メイ氏の最も重大な使命は、英国によるEU単一市場へのアクセスを確保した上で、EUからの移民を制限することだ。他のEU加盟国首脳は、人の移動の自由が確保されてこそ市場のアクセスは可能になるとの立場を示している。メルケル氏もドイツにとって5番目のモノの貿易相手国である英国との強力な関係は保持したいが、それよりも重要視しているのは、EU27カ国の団結だ。

頑固者

 EU本部のあるブリュッセルでメイ氏と行動を共にした英外交官らの評価は高い。あるEU当局者は「EUの仕組みをよく知っている。絶えず準備を怠らない」と述べる。EU幹部をして「とてもプロフェッショナルだ」と言わしめ、「EUにとって簡単に対峙できる相手ではない。主張は首尾一貫として、なかなか譲らない」とされている。

 ただ、現実的なところもある。英国はEU統一の司法・捜査システムには否定的だったが、メイ氏は治安を司る内相として、加盟国間の捜査情報共有などを決断した。EU幹部はこの際も「役人に頼らず、素晴らしい交渉手腕を発揮した」と評価する。

 こうしたタフでそれでいて現実的な交渉技術がメルケル氏との交渉で試されることになる。メルケル氏は11日、「これから英国と難しい交渉が待っている。決して容易ではない交渉が」と話している。

(Paul Carrel、 Alastair Macdonald記者)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧