ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

「元米兵」が殺人事件、メディアは沖縄の真実を伝えているか

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第168回】 2016年7月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 参院選が終わった途端、ワイドショーは都知事選の話題で喧しいが、選挙区で当選した真山勇一(元日本テレビ・神奈川)、同じく杉尾秀哉(元TBS・長野)、そして、同日の鹿児島県知事に初当選した三反園訓(元テレビ朝日)ら三氏の姿に、私は妙な違和感を覚えてならなかった。彼らは、いずれもテレビメディア出身なのである。

 そして何故か、皆さん野党の推薦を受けているのである。

 さらに別の選挙区での当選者を見てみると、徳永エリ議員(北海道)は元TVレポーター、蓮舫議員(東京)も元キャスター、伊藤孝恵議員(愛知)は元テレビ大阪社員、古賀之士議員(福岡)は元福岡放送のアナウンサーなのだが、この方々も所属は民進党だ。

 もちろん、元NHK記者の片山大介議員(兵庫・おおさか維新)や元山陰中央テレビ社員の青木一彦議員(鳥取島根・自民)のような方もおられるが、テレビという影響力のあるメディアを経由して国政への参与に名乗りを挙げた人たちに“野党所属”が多いのは何故なのか? そーいえば、比例当選の有田芳生議員も民進党だし、都知事選出馬の鳥越俊太郎氏も野党連合の推薦を受けている。

 メディアには権力を監視する役割が担われるが、しかし、メディア出身者がこぞって野党所属となると、ジャーナリストだキャスターだと名乗っていたときの彼らは果たして公正中立な視点で政治を捉えていたのだろうかとちょっと勘ぐってしまう。偏向メディアが多いのはそのせいなのか……、とは言っても、森喜朗氏だって新聞記者あがりなのだけど。

 ちょっと前までは、学者が『TVタックル』や『朝まで生テレビ』に出演して顔と名を売って政治家になり、弁護士が『行列のできる法律相談所』や『サンジャポ』でやっぱり顔と名を売って府知事や市長になっていたが、昨今はキャスターを経由して政治家になるのがトレンドなのかもしれない。

シンザト・ケネス・フランクリン容疑者は嘉手納基地(写真)にあるインターネット関連企業に勤務していたという

 彼らが偏った報道をしていたとは言わないが、こちらはどうだろう。沖縄県うるま市で起きた“元米兵”による日本人女性暴行と殺害事件の報道である。死体遺棄容疑で逮捕されたのは、ニューヨーク出身のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者だ。年齢は32歳。

 シンザト容疑者は米軍基地内にあるメリーランド大学ユニバーシティ・カレッジ校を卒業後、海兵隊に入隊した。沖縄県浦添市にあるキャンプ・キンザーなどで兵站業務に従事し、除隊した2014年にはワシントンで勤務していた。だから、元海兵隊だったのは事実だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く

三面記事は、社会の出来事を写し出す鏡のような空間であり、いつ私たちに起きてもおかしくはない事件、問題が取り上げられる。煩瑣なトピックとゴシップで紙面が埋まったことから、かつては格下に扱われていた三面記事も、いまでは社会面と呼ばれ、総合面にはない切り口で綴られるようになった。私たちの日常に近い三面記事を読み解くことで、私たちの生活と未来を考える。

「新聞・週刊誌「三面記事」を読み解く」

⇒バックナンバー一覧