ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ソフトバンクが英ARM買収、過去最大規模3.3兆円 IoT強化へ

ロイター
2016年7月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
7月18日、ソフトバンクグループは、英半導体設計ARMホールディングスを約3.3兆円で買収することで合意したと発表した。都内で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - ソフトバンクグループは18日、英半導体設計ARMホールディングスを約240億ポンド(約310億ドル、約3.3兆円)で買収することで合意したと発表した。あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)時代を見据え、同領域で成長が期待されているARMを買収することで需要の取り込みを目指す。

 日本企業による海外でのM&A(合併・買収)としては過去最大規模になるとみられる。

 孫正義社長は発表資料で「今回の投資の目的はIoTがもたらす非常に重要なチャンスをつかむことにあり、ARMはグループ戦略において重要な役割を果たしていく」とコメントした。

 1株当たりの買収額は17ポンドと、15日終値(11.89ポンド)に約43%上乗せした。9月30日までの完了を目指し、完全子会社化する。

 買収資金はみずほ銀行の借入限度額1兆円のつなぎ融資(ブリッジローン)と手元資金で賄い、タイミングを見ながら長期資金へと切り替えていく予定。

 ARMはスマートフォン(スマホ)に強く、最新の技術は米アップルや韓国サムスン電子、中国の華為技術(ファーウェイ)が採用している。IoTの領域でも小型化・低消費電力への需要を背景に攻勢を強めている。

 ソフトバンクは人工知能(AI)が人間の能力を超えるシンギュラリティ(特異点)に向けて、AIとスマートロボット、IoTの3領域が鍵を握ると判断。6月の株主総会でも2040年にはスマートロボット数は全人口を超える100億台、IoTデバイスは10兆台(1人当たり1000台超)になるとの予想を紹介し、この分野を強化する方針を示していた。

 ソフトバンクをめぐっては、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング株の一部やフィンランドのスマホ向けゲーム会社スーパーセル、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの売却などで2兆円に近い資金を手にしており、その使途をめぐっては大型買収の可能も取り沙汰されていた。

(志田義寧)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧