ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

他人のふんどしがバブルを育てる

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第55回】 2008年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 サブプライム問題を総括するのは、明らかにまだ早いが、犯人探しを意識しながら、簡単に振り返ってみよう。

 問題の初期には、サブプライム・ローンを借りた人びとの計画性のなさを批判する議論を聞くことがあったが、住宅ローンに関しては、借り手よりも貸し手に問題があったと思う。米国の住宅ローンは、返済できなくなると担保である住宅を渡せば債務は残らない。

 ローンの返済額が少ないあいだ新しい家に住めて、住宅価格が上昇していれば借り換えすればいいし、そうでなければ家を渡せばいいというのは、なんとも好条件だ。

 ローンを貸す側の金融機関は、結局、サブプライム層の名前を借りて住宅に投資し、投資収益をローン金利のかたちで取ろうとして失敗したという構図になる。

 ローンの貸し手が、ローン残高をふくらませることができたのは、ローンを証券化した商品を転売してリスクを相当程度、他人に移転できたからだろう。

 それでは、証券化商品の組成者が悪いのか。彼らはローン債権をリスク分散しながら買い手のニーズに合わせて商品化しただけなので、罪の意識があるとは思えない。商品が過剰に複雑だったのは確かだが、意図的になにかをごまかしたようには見えない。

 もっとも、商品を在庫として抱える段階では、リスク管理に穴があったかもしれないし、場合によってはその「穴」が将来大きな問題を生むことを見通しつつも、当面の報酬と引き換えにリスクを取った可能性はある。彼らを有罪とは決めにくいが、有力な共犯者だった疑いはある。

 後に問題となった証券化商品の多くは、広く流通させるために、保証と格付けが付いていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧