ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

「国内撤退」報道で内外に衝撃
エクソンモービルの真の狙い

週刊ダイヤモンド編集部
2010年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
エッソやモービル、ゼネラルの看板を掲げて国内展開するエクソンモービルは、今回の報道に大騒ぎだ
Photo by:AFLO

 世界最大手のエネルギー会社、米エクソンモービルの日本グループに激震が襲った。全国紙が10月1日、「国内ガソリンスタンド撤退」などと報じたからだ。あたかも、スタンドがなくなるかのような印象を与えた。

 同社は、国内で「エッソ」「モービル」「ゼネラル」のスタンドを約4100店舗展開する。そのため、「撤退したらカードが使えるのか」といった問い合わせが殺到した。傘下の東燃ゼネラル石油の株価は急落。同社の閉鎖的な体質もあり、波紋が広がっている。

 ハチの巣をつついたような騒ぎとなったのは社内も同じだ。従業員には、日本グループ代表名でメールが送られ、スタンド経営者にも臨時の説明会が開かれた。報道を「誤報」と断定する発表も出た。

 だが、結論からいえば、カードや看板は残り、エクソン系のスタンドがなくなることはない。

 内情に詳しい複数の関係者によると、九州では、同社が土地や建物などを所有する約20店舗でスタンド売却が進む。ただし、看板は残り、石油製品の供給も続く。

 なぜなら、九州のスタンド設備は老朽化が著しい。だが、地方のため収益性が低く、新たな設備投資をする気はない。近畿地方の製油所からも離れていて効率が悪い。そこで、商社などに資産を売り、運営から配送まで任せる狙いがある。

 じつは、本社のある米国では、すでにこの戦略を採用。スタンド資産を売却し、油田開発など収益性の高い事業へ転換している。効率の悪い資産を売り、ブランドで稼ごうというわけだ。国内でも、ブランドを残しながらも、まずはスタンド、次には製油所の切り離しが射程に入っている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧