個人としては、常に学び続ける姿勢が必要です。変化に対してオープンであり、その変化や違いを進んで受け入れる。また、失敗を恐れずリスクをとる。こうした姿勢が必要だと思います。社内研修など、会社にあるトレーニングプログラムを積極的に受けることも必要でしょう。

――これまで関わってきた企業の中で、この会社のグローバル人材育成はすごい、と思ったものはありますか。

 AXALTAというデュポンから分社化した会社はトップダウンで、幹部全員に必ずプログラムを受けさせています。グローバル化が重要であること、そのためには多様性を認める企業文化が必要なことを、トップが徹底して社内に伝えています。そのトップの姿勢と徹底ぶりはなかなか見られないと思いました。

日本は経験が少ないだけ
グローバル人材は増える

――日本の労働市場において、日本人で、グローバル企業のトップを務められるような人材はいますか。

 そうですね。それはとても少ないと思います。まず、まだ例がないですね。候補者は今はいないでしょう。

 ただ、日本のビジネスパーソンは高度な教育を受けてきた人たちが非常に多い。スキルも高く、特に研究開発や新製品開発に携わるビジネスパーソンは非常にレベルが高い。それを考えると、これからグローバル企業のそうした分野で活躍する日本人が出てくるでしょう。

――日本人のビジネスリーダーは、グローバル企業のトップのレベルには到達していないのでしょうか。

Photo by K.S.

 いや、日本のビジネスリーダーのレベルが低いとは言いません。トップに就いている例がないのは、今までグローバル企業で働いたり組織を率いた経験を積んだ人が少ないからでしょう。

 韓国やインドなどと違って、日本の企業は国内市場を舞台に発展してきました。彼らはグローバルでビジネスをしてきた経験があります。日本はこれからでしょう。これからたくさんの日本人ビジネスパーソンがグローバル企業で働き始め、経験を積めば、いずれグローバル企業の日本人リーダーが誕生すると思います。