ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ソフトバンク、アローラ氏に退職金68億円 報酬総額2年弱で310億円超

ロイター
2016年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
7月28日、ソフトバンクグループは2016年4─6月期にニケシュ・アローラ前副社長の退任費用として68億2800万円を計上したことを決算短信で明らかにした。写真はアローラ前副社長。都内で昨年10月撮影(2016年 ロイター/Toru Hana)

[東京 28日 ロイター] - ソフトバンクグループは2016年4─6月期に、ニケシュ・アローラ前副社長の退任費用として68億2800万円を計上した。28日に開示した決算短信で明らかにした。

 アローラ氏は米グーグル最高事業責任者から2014年9月にソフトバンクに移籍。孫正義社長の後継者候補だったが、孫社長が当面社長を続けることを決めたため、6月に退任した。

 アローラ氏の報酬は、2015年3月期が移籍金を含め165億円、2016年3月期が80億円だった。退職金と合わせると、報酬額は在任わずか2年足らずで310億円を超える計算となる。

4─6月営業益は横ばい、孫社長スプリントに自信

 ソフトバンクグループの2016年4─6月期連結決算は、営業利益が前年比0.2%増の3192億円となった。米携帯電話子会社スプリントの減益を、堅調な国内通信事業がカバーした。

 売上高は前年比2.9%増の2兆1265億円だった。国内通信に加え、ヤフーも収入を押し上げた。

 通期予想は開示していない。ロイターが調べたアナリスト18人の営業利益の予測平均値は前年比10.6%増の1兆1060億円となっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧