ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

球団買収でブランドアップ
住生活グループの乾坤一擲

週刊ダイヤモンド編集部
2010年10月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
球団買収でリクシル浸透図る(写真は昨年、新日軽買収発表時。右から2人目が潮田会長)
Photo by JIJI

 住設機器最大手の住生活グループがプロ野球横浜ベイスターズの買収に向け今月内にも基本合意に達する見通しだ。準備室を設置し、球団の資産査定やTBSグループとの交渉を急ピッチで進めている。

 買収の目的は「グループとしてのブランド力の向上」に尽きる。

 トステムとINAXを主体とし、「住」に絡む業種のM&Aを繰り返してきた同社。4月、サッシの新日軽とキッチン大手のサンウエーブを矢継ぎ早に傘下に収め、業界の“台風の目”となっている。海外事業でも衛生陶器の世界大手アメリカンスタンダードのアジア部門を買収し、総売上高は1兆円規模にまで拡大した。

 しかし「グループのシナジーや統一した考えを内外に知らしめるのはこれから」(潮田洋一郎・住生活会長)というように、1月に打ち出したグループブランドLIXIL(リクシル)はほとんど認知されていないのが現状だ。

 国内需要が今後、新築からリフォームへシフトするなか、商品を直接選ぶエンドユーザーへ幅広い商材を持つブランドであるとアピールすることは欠かせない。住生活はLIXIL浸透に500億円近くかかると踏んでいたが、球団保有によってそのスピードを1~2年に縮められるという。買収額は100億円を下回る見通しだ。

 住生活と対照的なのが業界のもう一方の雄、衛生陶器最大手のTOTOである。独立独歩路線を掲げ、国内リフォーム事業で提携する建材の大建工業、サッシのYKK APとは大型ショールームやフェアを共同運営するのにとどまっている。ライバルの激しい動きを受けても、3社の資本提携や持ち株会社化を否定する姿勢は崩さない。

 今回の買収劇は両者の戦略の違いをより鮮明にした。どちらに軍配が上がるかは未知数だが、住生活はブランドの横軸を通すことで新たなステージに突入しようとしている。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 柳澤里佳)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧