ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

富士重工業社長 森 郁夫
新興国向け低価格車は不参戦
独自エンジン車を訴求する

2010年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──日産自動車の新型「マーチ」をはじめ、自動車各社は新興国開拓のために小型の低価格車開発でしのぎを削っている。このエントリーカー競争に参戦するか。

 まったく考えにない。「レガシィ」「フォレスター」「インプレッサ」など今あるラインナップのバリューを訴求することで、新興国を含む各市場を開拓していく。

 グローバルで評価されるバリューやニーズにはいろいろなものがある。サイズでいえば当社の車種は、米国などでむしろ大型化を求められてきた。最近ようやく世界で戦える大きさに追いついたばかり。大きくしたサイズが適切だったことは、米国販売の好調ぶりに表れている。

 グローバルのニーズに応えて既存車種が大きくなったぶん、日本向けは小さいサイズのラインナップが空いてしまった。そこは新しいクルマで埋めていくことになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧