ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国人の爆買いで韓国製「ファスト・コスメ」が急伸

ロイター
2016年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
次から次へと新製品が発売される韓国の化粧品市場で、中国人の消費が伸びている。今や、中国が輸入する韓国製化粧品の規模はフランスに次ぎ2位となった。Photo:PIXTA

[ソウル 4日 ロイター] - 次から次へと新製品が発売される韓国の化粧品市場で、中国人の消費が伸びている。今や、中国が輸入する韓国製化粧品の規模はフランスに次ぎ2位となった。外資も中国進出を視野に、韓国化粧品メーカーへの出資に意欲的だ。

 ソウル中心部の化粧品店では中国人観光客の姿が目立つ。韓国の化粧品ブランド「Innisfree(イニスフリー)」店で予算以上の買い物をした中国人観光客の女性は「豊富な品ぞろえのなかから好きなものを選べる」と満足そうに語った。この店では約900以上の商品を揃えている。

 イニスフリーは、韓国の化粧品大手アモーレパシフィックが手掛ける自然派化粧品ブランド。毎年約400の製品を発売するが、その約半分は1年後には別の製品と入れ替わっている。

 中国などアジア各国の若者の間では「ファスト・ビューティー」志向が高まっており、そうした需要に応えるため、アモーレパシフィックを始め韓国の化粧品各社は製品サイクルの短縮化に取り組んでいる。

 最新の流行を取り入れ、低価格に抑えた衣料品を短いサイクルで大量生産して販売する「ファスト・ファッション」。今韓国ではその化粧品版「ファスト・コスメ」がブームだ。

 小規模のメーカーは、生産委託企業で製品テスト期間を短縮するなどして開発を急ぎ、競って市場に製品を投入している。

 業界専門家によると、韓国の化粧品ブランドの商品開発サイクルは最短で4カ月。一方、海外ブランドは1年以上だ。

 化粧品メーカーから生産を請け負うコスマックスのディレクター、Lim Dae-gyu氏は「2004年に外資の大手メーカーからアイシャドーの受注を受けた時は生産開始に2年かかったが、今は1年だ」と述べ、さらに「韓国の大衆向け化粧品では、計画から発売までたったの4─6カ月だ」と語った。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧