ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

「貴金属」が輸出第1位に
トルコ経済“変貌”の真相

週刊ダイヤモンド編集部
2009年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー

 トルコの2009年第1四半期(1~3月)の貿易統計に、関係者が首を傾げている。品目別輸出額で、貴金属が1位になったのだ。04年から08年末まで輸出の首位は自動車および同部品であり、08年通年では貴金属は8位にすぎなかった。貴金属輸出の内訳は、ほとんど「金」で、スイス向けが66%を占める(数量ベース)。これにより、輸出相手国第1位も、ドイツからスイスとなった。

 背景には、まず輸出全体の低迷がある。主要輸出先である欧州の景気後退の影響が直撃し、自動車および同部品は前年同期比54%減。他の輸出品目も軒並み20~30%の減だ。そのなかで、貴金属だけが49%もの増となった。「トルコはもともと金製品の世界的加工基地の一つであり、金現物の輸入が活発だが、昨年末以降の金価格上昇で一般投資家などの売り戻しが起きた」(池水雄一・スタンダードバンク東京支店支店長)結果と見られる。

 一方で貿易収支赤字は急減し、長らくトルコ経済の問題とされてきた経常収支赤字は前年同期比91%もの縮小となった。もっともこれは、内需低迷で輸出以上に輸入が減少した結果で、構造的な問題が解決したわけではない。

 IMF(国際通貨基金)による09年の実質経済成長率予測は▲5.1%。「各種指標は底打ちしているものの、本格的な回復は輸出主導でしかありえないため、12年頃までは低成長が続くだろう」(田村喜彦・日本格付研究所チーフアナリスト)。政府とIMFのあいだで続く融資交渉も、財政出動の是非をめぐって意見が折り合わず、いまだ結論が出ていない。

 市中の金が売りに回る構図は、日本を含む他国でもあるが、貿易統計の順位が入れ替わるほどではない。トルコの金流出は、経済の苦境を顕著に示しているのである。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 河野拓郎)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧