経営×物流

【いま求められる物流システム機器とは】
「世界最高峰のチェーン技術を核に物流効率化に貢献」

椿本チエイン 執行役員(マテハン事業部営業統括)藤井幸博氏に聞く

産業用チェーンの分野において世界でもっとも多くのアイテムを生産・販売する椿本チエイン。その高い独自技術を核に、搬送・仕分けといった物流系システムで高い信頼と評価を得ている。通販市場の拡大とともに、物流現場では多種多様な製品を効率的に"捌く"力が問われており、同社のシステムにこれまで以上に期待が集まっている。

運輸・流通の需要は引き続き旺盛

藤井幸博・椿本チエイン 執行役員(マテハン事業部営業統括)

 前期(2016年3月期)は、当社グループ全体では過去最高の売上高、営業利益を更新したものの、マテハン部門としては受注高が434億6000万円(前期比2.6%減)、売上高が441億1500万円(同2.2%減)、営業利益は6億5900万円(同66.0%減)と苦戦しました。日本国内では自動車製造工場向けや新聞印刷工場向けシステムの売上げが増加するなど堅調でしたが、欧州における金属屑搬送・クーラント処理装置などの売上げが減少したことが響いた形です。

 その中で、当社マテハン事業部が担当する流通や運輸分野は引き続き好調で、ドラッグストアやアパレル、通販などからの引き合いが依然として増えています。特にドラッグストアは物流センターへの投資意欲が旺盛で、コンペ等に参加する3PL事業者様を介して当社製品を使っていただける事例が増えています。成約まで至らない場合でも、当社の仕分けシステムなどを納入したセンターを見学してみたいといった要請が増えており、人手不足による機械化への潜在ニーズの強さを感じています。

東南アジアからの引き合いも急増

 運輸・流通系のお客様とお会いした際に、開口一番で言われるのは「人が集まらない。(集まっても)時間単価が上がっている」というお言葉であり、物流現場での人手不足が想像以上に進んでいる実態が伝わってきます。その分、機械化による省人化で倉庫や工場内での効率性や生産性を高めたいという要望が高まっているわけですが、機械化投資を行った場合でも、なるべく早期に回収したいという投資回収の短期化傾向が顕著になっています。また、納入契約が決まってから、据付け~立ち上げまでの期間が短くなってきていることも最近のトレンドです。

「リニソート」

 その中でマテハン事業部としては、今期も通販、運輸、3PLなどの各分野、業種ではドラッグストア関連や医薬・化粧品、アパレルなどに注力して拡販に努めていきます。例えば、弊社が得意としているアパレル分野では、いよいよRFIDによる個体管理が業界全体に広がろうとしています。そこで当社としてはRFID関連メーカーと連携して、当社の仕分けシステムと連動したソリューション提案をより強化していきます。当社の水平ループ型チルトトレー式仕分け機「リニソート」で高速仕分けをしながらRFIDの読み取りを行うことで、製品投入の省力化や検品レスが可能となり、物流センターでの、省力化が大幅に進みます。また、製造から物流そして販売までをRFIDで管理することにより、SCM全体での省力化に寄与する提案を進めていきます。

 また、ドラッグストア関連では引き続き、旺盛な引き合いが続いているほか、大手宅配便や郵便関連でも当社の仕分けシステムに高い関心をいただいています。機器的なご要望の「より速く、より静かに」といった声に応えていきます。当社の仕分け機である「クイックソート」は、ボールローラーで製品を水平に仕分けするので、製品に対して優しいのが特徴です。直近では、1時間に1万ケースの仕分けが可能なものを現場に導入しています。

 さらに、昨年末あたりからベトナム、タイ、インドといった東南アジアの通販事業者や郵政などからの引き合いが急激に増えています。3PLやエンジニアリング会社などを通じて当社製品に興味を持たれているようです。クイックソート、リニソートといった当社の製品群は、クロスベルト式のソータと比べシンプルなシステムであり、そうした特性が東南アジア各国でのニーズに合致している面があるのだろうと思います。

  • 1
  • 2

経営×物流トップへ

カーゴニュース

Special Columns         <PR>

 

 

 

『カーゴニュース』

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている物流業界専門紙。物流報道の中に“荷主”という切り口を持った媒体として評価されている。主な内容は荷主企業の物流動向、行政の物流関連動向、トラック、倉庫、鉄道、海運、航空など物流企業の最新動向、物流機器、WMSソフトなどの関連ニュース等。週2回発行。


from.カーゴニュース

1969年10月の創刊から約40年間「経済の中の物流」という視点から一貫した報道を行っている老舗・物流業界専門紙『カーゴニュース』とのコラボレーション連載。

「from.カーゴニュース」

⇒バックナンバー一覧