ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

デンソー社長 加藤宣明
新興国向け低コスト化技術で
日本車の輸出競争力を強化

2010年11月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Nobuhiro Senda

──昨年は減産に伴うスリム化が最優先テーマだった。

 スリム化のメドは立ってきたので目下、次の成長に向けて二つのテーマに力を入れている。省燃費・CO2削減への貢献、そして新しい成長市場への貢献だ。

──まさに自動車業界全体の2大テーマで各社が投資を集中させている。競争面からもスピードある取り組みが必要だ。どのような体制で臨むのか。

 全社の力を結集するために事業部横断的な組織を立ち上げている。新興国向け低コスト商品の開発チーム、アイドリングストップの開発チームなど、現在約10チーム。自主性重視で、各チームは自ら目標を立てて遂行する。

 低コスト商品チームでは、カーエアコンやメータなど20超の商品をリストアップ。基本性能やコストなどをお客様に合わせて設定し、それを提案していく。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧