ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
美人のもと

熱い

西村ヤスロウ [広告プランナー]
【第85回】 2010年11月8日
著者・コラム紹介バックナンバー

 人間というものは実に温度に敏感だなと思う。気候の話は毎日のように交わされ、朝は天気予報を見て、一日の気温を確認する。季節に合わせて着るものを変えていく。エアコンの調整も1度単位だ。風呂の温度となると、少し違っただけでも気になるものだ。

 極端に暑かったり、寒かったりすれば生命の危機にも繋がる。敏感であったほうがいいのだろうか。

 気温の変化には敏感であるが、飲食に関しては受け入れられる幅が広い。ずっと触っていると火傷してしまいそうな熱いものや、肌の感覚がなくなってしまいそうな冷たいものまでわりと幅広く、口は受け入れる。強いぞ、口。強いぞ、食道。強いぞ、胃袋。

 しかし、口に入れる時、熱すぎたり、冷たすぎたりすると、人はたいてい表情を変える。一瞬驚いて、必死で受け入れようとするような表情だ。

 冷たいものは、自分の体温で温めようとするのかゆっくりなじませていく感じだ。その表情はたいていやさしく美しいことが多い。

 一方、熱すぎるものに対しては、驚いた後、それを拒否しようとする気持が生まれる。しかし吐き出せない。しかたないから、口の中で冷まそうとするのか、熱いものをころがしながら口も開く。ハフハフハフ……と言いながら熱気を吐き出す。

 熱すぎるお茶やコーヒーを飲んだら、大きな口を開けながら顔をゆがめる。

 誰でもそんなことをしたことはあるだろうが、その熱気とともに「美人のもと」を吐き出していることが多いように思う。

 たいてい、その時の顔はくずれている。その瞬間をたくさんつくったら、それがなじんでいくのかもしれない。

 美人は熱いものを上手に食べる。温度を想像しながら、熱さに驚かない準備をする。仮に熱すぎると感じてもそれを一生懸命受け入れようとする。冷たいものの時の表情に近い。熱さも「美人のもと」になるのだとなじませるように。

 「美人のもと」をつくる熱さを上手に受け入れたい。


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西村ヤスロウ [広告プランナー]

1962年生まれ。プランナー。趣味は人間観察。著書に『Are You Yellow Monkey?』『しぐさの解読 彼女はなぜフグになるのか』などがある。


美人のもと

『経』に好評連載中の西村ヤスロウ氏によるエッセイ。「美人のもと」とは、女性なら誰しも持っているもの、「美人のもと」を磨き続けるためのコツを解き明かす。

「美人のもと」

⇒バックナンバー一覧