ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
from dot.

芸能人「隠し撮り」で週刊誌敗訴…スクープ撮影と盗撮の違いとは?

dot.
2016年8月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

“線引き”は、一体どこにあるのだろうか?

スクープ撮影、それとも盗撮?(イメージ)

 2016年7月27日、自宅療養中だった歌手・中森明菜(51)の隠し撮り写真を掲載した週刊誌『女性セブン』(小学館)に対し、中森がプライバシーの侵害に当たるとして計2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決があった。東京地裁は「芸能人であることが自宅で過ごす姿をのぞき見られることの違法性を軽減する理由にはならない」と判断し、同社とフリーカメラマンに計550万円の支払いを命じる判決が下された。

 判決によると、10年10月に芸能活動を休止した中森は東京都内のマンションで療養。同誌から依頼されたカメラマンが13年11月2日夜、マンション近くのアパート3階廊下から室内の中森を望遠レンズで撮影し、そのうち1枚が11月21日号に掲載された。

 小学館側は、中森が有名人であることや復帰への社会的関心が高いことを理由に「報道の自由」を主張していた。だが、裁判官は「撮影は違法で苦痛は甚大。歌手としてのイメージや芸能活動の再開に悪影響を与えた可能性も考えられる」と指摘。さらに、カメラマンがこの撮影で軽犯罪法違反(のぞき見)の略式命令を受けたことにも触れ、違法行為で撮影されたと認識しながら掲載した小学館に対して「コンプライアンス上の問題は大きい」と断じた。

 この話題は各メディアで取り上げられたが、ネット上では「それなら週刊誌のスクープ写真はすべてプライバシー侵害なのでは?」との疑問が相次いでいる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


from dot.

『週刊朝日』や『AERA』を発行する朝日新聞出版のwebサイト「dot.」とのコラボレーション連載。

「from dot.」

⇒バックナンバー一覧