株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]
2016年9月24日 ザイ・オンライン編集部

イオン九州(2653)、株主優待の内容を変更! 
従来は「株主優待券」「特産品(巨峰・明太子)」の
どちらかを選べたが、今後はネットポイントの贈呈へ

 イオンのグループ会社であるイオン九州株式会社が株主優待の内容を変更すると、2016年9月23日に発表した。

■イオン九州
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 2653 JASDAQ 毎年2月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1699円 100株 16万9900円 0.59%
※株価などのデータは2016年9月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

イオン九州の株主優待は、従来「100株以上保有する株主に、『お客さま株主カード』に加え、保有株数に応じた枚数の『株主優待券』か、特産品(巨峰・明太子)のいずれかを贈呈(優待券と特産品はどちらかを選択)」というもの。

 なお、「お客さま株主カード」とは、「イオンラウンジ」の会員資格のこと。イオンラウンジは、一部のイオンに設置されており、買い物の合間にくつろいで休憩することができる場所。イオン九州の「お客さま株主カード」で利用できるラウンジがあるのは、以下の店舗となる。

イオン九州はイオンのグループ会社で、九州全域に総合スーパーなどを展開。
拡大画像表示

・イオン筑紫野店
・イオン香椎浜店
・イオン八幡東店
・イオン直方店
・イオン福津店
・イオン大塔店
・イオン宮崎店
・イオン都城店
・イオン鹿児島店
・イオン姶良店    
・イオン福岡店
・イオン福岡伊都店
・イオン若松店
・イオン大牟田店
・イオン熊本店
・イオンパークプレイス大分店
・イオン佐賀大和店
・イオン延岡店
・イオン小郡店


 また、「株主優待券」とは、イオン九州の運営する系列店舗での買い物1000円ごとに1枚利用できる、100円分の買い物券のことだ。

 今後の変更点は以下のとおりとなっている。

(変更点1)
 特産品(巨峰・明太子)という選択肢が廃止され、ネット通販サイト『AE STORE(イーストア)』(九州各県のグルメをお取り寄せできるサイト)で利用できる『ネットポイント』(ネット環境がない場合は『イオンギフトカード』)に変更。

(変更点2)
 これまで100株以上1000株未満の株主には、同じ枚数の株主優待券(あるいは同じ金額相当の特産品)が贈呈されていたが、今後は「100株以上200株未満」「200株以上500株未満」「500株以上1000株未満」で、もらえる株主優待券などの量が変わる。保有株数によっては、もらえる優待券(あるいはネットポイント)が以前より多くなる。

 この株主優待の変更は、2017年2月28日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

イオン九州の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 2月末  100株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)50枚
 (2)特産品2000円相当
 1000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)100枚
 (2)特産品4000円相当
 2000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)200枚
 (2)特産品4000円相当
 3000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)300枚
 (2)特産品4000円相当
 4000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)400枚
 (2)特産品4000円相当
 5000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)500枚
 (2)特産品4000円相当            
 詳細 ※株主優待券は、1000円以上の買物につき1000円ごとに1枚利用可。
 有効期間1年間。
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 2月末  100株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)50枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)2000円相当
 200株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)75枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)3000円相当
 500株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)100枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)4000円相当
 1000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)150枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)5000円相当
 2000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)200枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)5000円相当
 3000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)300枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)5000円相当
 4000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)400枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)5000円相当
 5000株以上 「お客さま株主カード」
(以下から一つ選択)
 (1)株主優待券(100円券)500枚
 (2)ネットポイント(ギフトカード)5000円相当
 詳細 ※株主優待券は、1000円以上の買物につき1000円ごとに1枚利用可。
 有効期間1年間。

 

イオン九州の株主優待の利回りはどうなる?

イオン九州の2016年9月23日時点の株価(終値)は1699円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる(※「優待券」を選択した場合の、変更後の利回りを試算)。

【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1699円=16万9900円
優待券:5000円分
株主優待利回り=5000円÷16万9900円×100=2.94%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×1699円=33万9800円
優待券:7500円分
株主優待利回り=7500円÷33万9800円×100=2.21%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×1699円=84万9500円
優待券:1万円分
株主優待利回り=1万円÷84万9500円×100=1.18%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1699円=169万9000円
優待券:1万5000円分
株主優待利回り=1万5000円÷161万9000円×100=0.93%

(2000株保有の場合)
投資金額:2000株×1699円=339万8000円
優待券:2万円分
株主優待利回り=2万円÷12万3200円×100=0.59%

(3000株保有の場合)
投資金額:3000株×1699円=509万7000円
優待券:3万円分
株主優待利回り=3万円÷509万7000円×100=0.59%

(4000株保有の場合)
投資金額:4000株×1699円=679万6000円
優待券:4万円分
株主優待利回り=4万円÷679万6000円×100=0.59%

(5000株保有の場合)
投資金額:5000株×1699円=849万5000円
優待券:5万円分
株主優待利回り=5万円÷849万5000円×100=0.59%

イオン九州の株主優待は、これまで株主優待券か特産品のどちらかを選択できたが、今後は特産品が廃止され、グルメお取り寄せサイトで利用できるポイント(あるいはギフトカード)に。特産品のときよりももらえるポイントの額面は高くなっているため、優待銘柄としての価値はさらに高くなったと言えそうだ。

 なお、イオン九州はイオンのグループ会社で、九州全域に総合スーパーのイオンを展開。2016年3~8月期の単独最終損益は3億8000万円の黒字(前年同期は20億円の赤字)となり、当初の7億円の赤字予想を覆した。これは、熊本地震の保険金10億円が特別利益に計上された影響が大きい。営業収益(売上高)は、熊本地震の影響で一部店舗の営業を休止したことなどが響き、前年同期比1%減。

■イオン九州
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 2653 JASDAQ 毎年2月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1699円 100株 16万9900円 0.59%
※株価などのデータは2016年9月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。