最新株式ニュース
2016年11月1日 フィスコ

三栄コポ---第2四半期累計決算は計画比で上振れ着地、通期計画を引き上げ

<%%%8119%%%>  三栄コポ  3795  +25
三栄コーポレーション<%%%8119%%%>は10月28日に2017年3月期第2四半期累計(2016年4~9月期)決
算を発表。売上高が前年同期比0.9%増の242.31億円、営業利益が同1.9%増の11.45億円、
経常利益が同23.1%減の9.33億円、四半期純利益が同51.8%減の3.99億円で着地した。な
お、期初公表値に対しては売上高で22.31億円、営業利益で6.45億円、経常利益で4.33億
円、四半期純利益で0.49億円それぞれ上振れた。
OEM事業で家具や家庭用品の売上が堅調に推移。本社が取り扱う家具・インテリアを主体に
直販するネットショップの売上も拡大した。ブランド事業では、ドイツのキッチン用品ブラ
ンド「WMF」や「Silit」などを扱う子会社の売上が増加。ドイツ製コンフォートシューズ
「ビルケンシュトック」が減収となったものの、ベルギー発祥のファッションバック「キプ
リング」は売上高微増を確保。家電ブランドの「ビタントニオ」も調理家電を中心に伸長し
た。営業利益については、売上高の増加と利益率の改善により、期初公表値を大幅に上回る
結果となった。

第2四半期までの業績を受けて同社は2017年3月期の業績予想を修正。売上高を期初公表値の
490.00億円→500.00億円(前期比1.2%増)、営業利益を18.00億円→22.00億円(同6.8%
減)、経常利益を18.00億円→20.00億円(同17.5%減)にそれぞれ引き上げた(純利益は同
9.5%減の13.00億円で据置き)。納期の前倒しがあったことなどから第3四半期以降の売上
高が期初公表値よりも減少するものの、売上高の増加や利益率の改善などで営業利益、経常
利益は期初公表値を上回る見通しだ。