最新株式ニュース
2017年4月21日 フィスコ

八洲電機---2017年3月期連結業績を下方修正、2018年3月期は回復予想

<%%%3153%%%>  八洲電機  623  -2
八洲電機<%%%3153%%%>は19日、2017年3月期通期連結業績予想を修正すると発表。売上高は前
回予想比5.4%減の756.60憶円、営業利益は同22.9%減の15.50憶、経常利益は同21.9%
減の16.80憶、親会社株主に帰属する当期純利益は同21.9%減の10.00億円にそれぞれ
修正。
下方修正理由として、売上高は包括受注代理の増加によるもの。当期純利益について
は、社会インフラ事業における受注代理手数料の大幅減少、年度末における工事案件
の実施時期の延期、連結子会社での売上時期の延期等によるもの。

2018年3月期の連結業績は回復予想。国内景気の回復基調を背景に、2017年3月期に引
き続きソリューション・エンジニアリング力の強化と拡大に注力し、技術営業力の強
化により付加価値の高いビジネスで収益力強化を目指す。売上高は763.00億円(前年
同期比0.8%増)、営業利益は20.50億円(同32.3%増)、経常利益は21.50億円(同2
8.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は18.3億円(同83.0%増)、1株当たり
の配当は16円を予定している。