最新株式ニュース
2017年12月21日 フィスコ

デリカフHD---カット野菜が外食向けに好調を持続、3期ぶりの最高益更新目指す

<%%%3392%%%>  デリカフHD  -  -
デリカフーズホールディングス<%%%3392%%%>は外食・中食業界向けにカット野菜、ホール野菜を卸す、いわゆる「業務用の八百屋」の国内最大手。また、野菜の機能性に早くから着目し、農産物の分析研究で国内随一のデータベースを蓄積しており、これら研究成果を生かした野菜を中心とするメニュー提案力、業界トップの衛生品質管理体制、物流体制を強みに、既存顧客内での取引シェア拡大、及び新規顧客の開拓が進んでいる。今後の重点施策として、自社物流網の構築と貯蔵センターの整備を挙げている。物流コストの効率化を進めるため、2015年3月期より物流子会社を立ち上げ、現在は東京エリアの店舗配送の22%までを自社でカバーできるまでになった。2018年3月期からは東名阪の幹線便もスタートしており、今後は各拠点の在庫コントロールの効率化も進む見通しだ。また、自社物流では幹線便・店舗配送便を使って他社商品の混載配送の請負サービスも開始しており、今後の収益寄与が見込まれる。