株初心者向け!株式投資のはじめ方
2018年1月26日 ザイ・オンライン編集部

株式投資で得た利益にかかる「税金」を、株初心者に
わかりやすく解説!利益が出ても税金を払わずに済む
“裏ワザ”や「確定申告」が必要なくなる方法を公開

ゼロから始める株入門【第27回】

桐谷さんお墨付きの証券会社は?

株式投資にかかる「税金」を、株初心者にわかりやすく解説!

株を売って利益が出たり、配当金をもらったりした場合、「税金」がかかります。そして原則的には「確定申告」をして、株式投資にかかる税金を支払わなければなりません。

「確定申告」と聞くと、株初心者にはハードルが高そうですが、心配しなくても大丈夫! 実は、確定申告の手間をはぶく“裏ワザ”があるからです。今回は、株式投資にかかる「税金」と、株式投資で儲かっても「確定申告」をせずに済む方法を紹介します!

【目次】ゼロから始める株入門
◆基本編◆

「株式投資」って何ですか?
「儲かる株」の探し方
「儲かる株」を見極める方法
株式投資でやってはいけないこと

◆証券会社・取引ツール編◆

「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
「ネット証券での口座開設」までの流れ
注文画面で株を買う方法
「板情報」の見方
人気で選ぶ!みんなにおすすめのネット証券会社


◆株の選び方・ファンダメンタル編◆

「PER」の意味をサクッと学ぶ
「PBR」の意味をサクッと学ぶ
「会社の業績」の見方
「危ない銘柄」を見抜く方法


◆株の選び方・テクニカル編◆

「株価チャート」の見方
「株価チャート」の詳しい見方&使い方
「ローソク足」の見方
「移動平均線」の見方
株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」を解説
「三角保ち合い」の見方を解説
「出来高」の使い方


◆株の買い方・売り方編◆

損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
「株で儲ける」3つの方法


◆株主優待・配当編◆

「株主優待株」の失敗しない選び方
「配当利回り」って何ですか?
「配当金」の受け取り方
株主優待名人・桐谷さんのおすすめ銘柄


◆その他◆
株式投資にかかる「税金」
株で「損」したときの税金対策
「NISA」と「つみたてNISA」を解説

株式投資にかかる「税金」とは?
「値上がり益」や「配当金」にかかる税金は約20%!

 株式投資にかかる税金は、主に2つあります。

 まず株を売って得られた「値上がり益」にかかる「譲渡益課税」、もう1つが企業から受け取る「配当金」にかかる「配当課税」です。

「譲渡益課税」と「配当課税」のどちらも税率は20.315%(所得税15.315%+住民税5% ※所得税に復興特別税を含む)で、誰でも一律になっています。株式投資にかかる税率は、「だいたい20%」と覚えておくといいでしょう。
(※注:「値上がり益」と「配当」に加え、もう1つの収入源である「株主優待」は、本来「雑所得」として課税対象になり、税率は所得金額に応じて変わります。会社員でも、株主優待を含む給与以外の所得の合計が年間20万円を超える場合は「雑所得」として確定申告をしなければならないので、たくさん株主優待をもらっている人は注意しましょう!)

「特定口座・源泉あり」で口座開設するだけで、
「確定申告」をする必要がなくなって便利!

 このように株で利益が出た場合は「税金」がかかり、原則として「確定申告」をして税金を払う必要があります。ただし、株初心者の方なら「確定申告」はハードルが高い、面倒だと感じるはず。そこでおすすめなのが、証券会社に税金を「源泉徴収」をしてもらう方法です。これなら、確定申告をする必要がなく、とっても便利です。

 では、どうすれば証券会社に税金を源泉徴収してもらえるのでしょうか。証券会社に口座登録の申し込みをする際、入力フォームに「特定口座利用の申し込み」という項目があります。その際、「特定口座・源泉あり」「特定口座・源泉なし」「一般口座」という3つの選択肢があるので、そこから「特定口座・源泉あり」を選びましょう。それだけで、株式投資で利益が出た場合、証券会社が税金を源泉徴収してくれるようになり、確定申告の必要がなくなります。
(※注:「特定口座」では、「源泉あり・なし」にかかわらず、証券会社が年間の取り引きで出た譲渡損益を計算して「年間取引報告書」を作成してくれます)

【※くわしい口座開設の方法はこちら!】
ネット証券の口座開設までの流れをやさしく解説!特定口座と一般口座、源泉あり・なしの違いは?

 すでに「特定口座・源泉なし」や「一般口座」で証券口座を開設してしまった!という人も大丈夫です。簡単な手続きをすれば、「特定口座・源泉あり」に変更することができます。

 口座を開設している証券会社のホームページからログインし、「お客さま情報 設定・変更」などの項目にアクセスして「特定口座・源泉あり」への変更を行いましょう。ネット証券会社の中には、ウェブだけで簡単に変更の申し込みができるところもあります。

「利益20万円以下は確定申告不要」の特例を利用するなら、
「特定口座・源泉なし」を選ぼう!

 さて、もし「特定口座・源泉なし」や「一般口座」を選んで口座を開設した場合は、どのような手続きが必要になるのでしょうか。

「特定口座・源泉なし」を選んだ場合、証券会社が1年間の取引明細をまとめって送ってくれますから、それをもとに自分で確定申告をすることになります。

 実は会社員の場合、給与所得以外の収入が20万円以内なら、その分に関しては確定申告(納税)が免除されるという特例があります。給与以外の所得がなければ、株式投資で得た利益20万円までは実質無税になるわけですが、この特例を利用したいなら、「特定口座・源泉なし」を選びましょう。もし「特定口座・源泉あり」を選んでしまったら、この特例を理由に、いったん源泉された税金を返してもらうことはできないので、注意してください。

「一般口座」の場合は、年間の収支計算をしなければならないうえ、原則として確定申告が必要になります。「特定口座・源泉なし」の場合は、証券会社が代わりに年間の収支計算をしてくれるので少し手間が省けるわけです。

 いずれにせよ、面倒なことは一切やりたくない!株式投資で20万円以上の儲けが出るかも!という人には、「特定口座・源泉あり」で口座開設することをおすすめします。

【※関連記事はこちら!】
株初心者におすすめの「証券会社」を紹介! 人気ネット証券の売買手数料を比較&ネットで簡単にできる口座開設の手順も解説!

株式投資で儲けが出ても税金を払わずに済む、
「NISA(ニーサ)」も株初心者にはおすすめ!

 ここまで、株式投資で利益が出たら、原則として税金を支払わなければならないことをお話ししてきましたが、いくら儲けても税金を払わずに済む方法があります。それが、「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」を活用する方法です。

「NISA」とは、株や投資信託の売買益と配当金(分配金)にかかる税金が最長5年間ゼロになる制度のこと。年間120万円(5年で600万円)の限度額内で投資をした場合、いくら儲けても非課税になり、とってもお得です。もちろん、確定申告も必要ありません。

【※NISAのくわしい解説はこちら!】
NISA(少額投資非課税制度)は、いったい何がお得? 投資初心者向けにNISAを使うメリットとデメリット、実際に運用する際の3つの注意すべきポイントも解説!

「NISA」を始めるには、通常の証券口座のほかに「NISA専用口座」を開設する必要があります。また、「NISA口座」は通常の証券口座と異なり、一人一口座しか開設できません(1年に1回だけ金融機関を変更できます)。ですから、証券会社選びはとても重要です。株式投資での非課税メリットを最大限に生かしたいなら、下記の記事なども参考にして、「NISA口座」を開設する証券会社を選んでみてください。

【※関連記事はこちら!】
みんなに人気のNISA口座から選ぶ! NISAで得する「おすすめ証券会社」はココだ!

【目次】ゼロから始める株入門
◆基本編◆

「株式投資」って何ですか?
「儲かる株」の探し方
「儲かる株」を見極める方法
株式投資でやってはいけないこと

◆証券会社・取引ツール編◆

「証券会社」の選び方&「口座開設」のしかた
「ネット証券での口座開設」までの流れ
注文画面で株を買う方法
「板情報」の見方
人気で選ぶ!みんなにおすすめのネット証券会社


◆株の選び方・ファンダメンタル編◆

「PER」の意味をサクッと学ぶ
「PBR」の意味をサクッと学ぶ
「会社の業績」の見方
「危ない銘柄」を見抜く方法


◆株の選び方・テクニカル編◆

「株価チャート」の見方
「株価チャート」の詳しい見方&使い方
「ローソク足」の見方
「移動平均線」の見方
株価の方向性を「トレンドライン」で見極める
「ダブルボトム」「ダブルトップ」を解説
「逆三尊(トリプルボトム)」「三尊天井(トリプルトップ)」を解説
「三角保ち合い」の見方を解説
「出来高」の使い方


◆株の買い方・売り方編◆

損を小さくする「株の買い方」「株の売り方」
「株で儲ける」3つの方法


◆株主優待・配当編◆

「株主優待株」の失敗しない選び方
「配当利回り」って何ですか?
「配当金」の受け取り方
株主優待名人・桐谷さんのおすすめ銘柄


◆その他◆
株式投資にかかる「税金」
株で「損」したときの税金対策
「NISA」と「つみたてNISA」を解説