最新株式ニュース
2018年1月18日 フィスコ

田辺三菱---3日続落、パイプライン成熟には要時間として欧州系証券が格下げ

<%%%4508%%%>  田辺三菱  2256  -60
3日続落。UBS証券では投資判断を「ニュートラル」から「セル」に格下げ、目標株価も2550円から1700円に引き下げている。S1P1調整剤amiselimodの上市予想を2019年度から2022年度へ変更するとともに、成功確率を引き下げているもよう。また、ラジカバの独占販売期間は短く、この先12カ月で期待はピークアウトすると考えている。パイプライン資産高騰を考えると、成熟には時間を要すると判断している。