最新株式ニュース
2018年1月24日 フィスコ

芙蓉リース---大田区南雪谷で老人ホーム・保育所複合施設を建設

<%%%8424%%%>  芙蓉リース  1208  -6922
芙蓉総合リース<%%%8424%%%>は、みずほ系の総合リース会社。情報関連や事務機器、不動産リース等に強み。航空機向けやファイナンスを強化。アクリーティブを傘下に収める。ファイナンスの契約実行高は伸長。18.3期1Q売上高などは過去最高。
同社は22日、「AIP都内福祉貢献投資事業有限責任組合」出資事業の第1号となる福祉貢献型建物を大田区南雪谷に建設すると発表した。同物件は、東京都、東銀リース(本社:東京都中央区)と共に、ファンド契約を締結している官民連携福祉貢献インフラファンドの第1号事業となる。ファンドマネージャーはAIPヘルスケアジャパン。
同ファンドは都内における子育て支援施設を含む福祉貢献型建物の整備を目的に2016年2月に組成された。同物件は、ファンド設立の主旨に沿った保育所を併設した有料老人ホームで、2018年2月に着工予定。
同社は、介護施設の建物リースについて業界に先駆けて取り組んでおり、今後も医療福祉分野について出資も含め様々なアプローチで取り組みを推進していくという。

17年6月末時点の営業資産残高は2兆971.4億円。リース及び割賦は堅調。リース契約実行高ではその他等が増加。18.3期通期は増収増益、増配計画。株価指標には上値余地があり、当面の株価は水準訂正先行へ。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/535,000/31,500/33,500/20,800/688.87/136.00
19.3期連/F予/560,000/34,000/36,000/22,800/755.11/151.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想(執筆日:2017/10/26)