最新株式ニュース
2012年9月26日 フィスコ

メディサイエン---2013年8月期に売上高90-110億円、営業利益率12-15%の達成を目指す

<%%%2182%%%>  メディサイエン  2410  -20
メディサイエンスプラニング<%%%2182%%%>は、モニタリング及びモニターの派遣を行うモニ
タリング業務を中心として、データマネジメント業務、ファーマコヴィジランス業
務、製薬会社等へコントラクトMRを派遣するCSO業務など、医薬品開発に係る様々な
サービスを提供する。2012年5月には、インターネットを利用した医療関連サービス
を提供するエムスリー<%%%2413%%%>と資本・業務提携契約を締結。両社の協業体制の構築に
より、医薬品開発支援事業及び、CSO事業の効率化、高付加価値化を推進し、他社と
は圧倒的に差別化されたサービスの提供を目指している。
さらに、6月27日にエムスリーによるMICメディカルの公開買付けの成立を前提とした
資本・業務提携の検討を行うことについて決議。3社合計(子会社含む)で650名規模
のCRA(治験モニタリング担当者)を擁するアライアンスネットワークとなる見込み
であり、これにエムスリーの提供するインターネットを活用した新しい治験関連サー
ビスを組み合わせることで、今までにない新しい付加価値を提供していくとしてい
る。

7月11日に発表した2012年8月期の第3四半期(2011年9月-2012年5月累計)決算は、売
上高が前年同期比21.5%増の60.75億円、営業利益が同131.0%増の7.79億円と大幅な
増益を達成した。

同社は、「強い組織の育成」「明確な差別化」「次世代に向けての準備」を柱とする
中期経営計画「アクションプラン30 plus one」を遂行中。政府による「医療イノベ
ーション5カ年戦略」によって、医療関連分野を成長産業として位置付けることが提
言されたことや、製薬企業のアウトソーシング志向の高まりを背景に、計画の最終年
度となる2013年8月期に売上高90-110億円、営業利益率12-15%の達成を目指す。