最新株式ニュース
2013年3月7日 フィスコ

デリカフーズ---第3四半期までの順調な進捗で通期計画には上振れ余地

<%%%3392%%%>  デリカフーズ  934  +1
デリカフーズ<%%%3392%%%>は、外食・中食業界向けにカット野菜、ホール野菜を卸す、いわゆ
る「業務用の八百屋」で国内最大手。販売先構成比では、ファミリーレストランやファ
ーストフードなどの外食産業向けが約86%、その他は食品メーカー問屋や弁当惣菜など
中食産業向けとなっている。
4-12月期売上高は前年同期比6.0%増の183.0億円、営業利益は同2.7%増の5.0億円とな
った。通期営業利益は6.4億円が計画されており、第3四半期までの進捗率は約79%と順
調に進捗していることを考慮すると、通期計画には上振れ余地がありそうだ。

中期経営計画として17年3月期までに売上高を350億円、経常利益を10.5億円まで拡大さ
せる目標を掲げている。「次世代型の青果物流通業」「農業・食・健康を繋ぐ提案企
業」として、更なる成長を目指すべく今後は国内エリアの拡大だけでなく、海外での事
業展開なども視野に入れ、積極的な経営展開を進めていく方針。まずは、1月に東京都
足立区六町に80%の増床となる新工場を建設することを決定、7月に竣工を予定してい
る。最新の設備を導入することで、各店ごとにきめ細かく仕分けができる仕組みを整え
る。

なお、3月末をもって1:2の株式分割を実施する予定。株式分割によって流動性の向上
が見込まれるほか、最低投資金額の引き下げに伴って投資家層の拡大が期待される。