最新株式ニュース
2013年8月30日 フィスコ

注目銘柄ダイジェスト(前場):パナソニック、北海道電力、ガンホーなど

パナソニック<%%%6752%%%>:895円(前日比+22円)
反発。前日には未定としていた上半期末の配当金を5円にすると発表している。前期
実績は無配であった。業績や財務体質が着実に改善している状況などを勘案としてい
る。シティでは、来年が復配のタイミングとみていたため、想定より早い復配の発表
はポジティブと捉えているようだ。

北海道電力<%%%9509%%%>:1163円(同+48円)
大幅反発。原油市況の上昇を受けて前日に全面安となった電力株だが、本日は一転し
て上昇が目立つ格好になっている。なかでも、前日に業績見通しを発表している同社
の強い動きが目立つ。電気料金値上げの認可などを踏まえて、繰延税金資産410億円
を計上、最終損益は10億円の赤字にとどまる見通し。想定よりも早期の繰延税金資産
再計上を買い材料視する動きが強まる。

TDK<%%%6762%%%>:3570円(同-125円)
売り優勢の展開。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断を「イコールウェイト」
から「アンダーウェイト」に格下げ、目標株価も4000円から3600円に引き下げてい
る。HDDヘッドでは、顧客の内製化率上昇に伴うシェアの低下で利益減少が続くと予
想、受動部品も回復はするが、競合企業並みの回復は容易でないと指摘。なお、短期
的にHDD需要が軟化と指摘されて米HDD関連が軟調な動きとなったことも逆風に。


SUMCO<%%%3436%%%>:818円(同+11円)
続伸。上半期営業利益は120億円強、前年同期比8割増になったもようとの観測報道が
伝わっている。従来計画100億円のほか、市場予想も上回るレベルであり、ポジティ
ブな反応が先行する格好に。ただ、一部のスマホの販売減速などで、ウエハー需要も
一時的に鈍る可能性があり、調整が長引けば通期予想240億円には未達懸念ともされ
ている。ちなみに、市場予想は280億円強の水準となっている。

川崎汽船<%%%9107%%%>:226円(同+6円)
続伸。海運株は業種別上昇率のトップになっている。シリア情勢の落ち着きなども安
心感につながる形となっているようだ。また、三菱UFJでは、海運セクターの過剰供
給局面は終了、追加減速を織り込めばコンテナ需給はタイトとしている。新興国の経
済成長鈍化懸念はあるが、欧米景気連動型であるコンテナマーケットに与える影響は
限定的と。なお、三菱UFJでは同社の目標株価を286円から324円に引き上げている。


H.I.S.<%%%9603%%%>:4985円(同+205円)
大幅高。ゴールドマン・サックス(GS)では投資判断を新規に「買い」、目標株価を
7100円と設定している。成熟市場の中でも差別化された商品やサービスにより自ら新
たな需要を創出、積極的な海外展開を梃に高い収益成長を実現できるエクセレント・
カンパニーの一つとして評価している。なお、GSでは、あさひ<%%%3333%%%>やスタートトゥ
デイ<%%%3092%%%>も新規に買い推奨としている。

ミツミ電機<%%%6767%%%>:711円(同+28円)
大幅に3日続伸。モルガン・スタンレー(MS)では投資判断を「イコールウェイト」
から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も850円から900円に引き上げている。
スマホはカメラの数量増と高機能化が今後も期待できるとみているなか、同社はスマ
ホ/タブレットのカメラ用VCMアクチュエータなどの製品による収益改善が期待でき
るとしている。つれて、来期以降も市場予想を上回る業績改善を達成しようと。


ネットイヤー<%%%3622%%%>:1371円(同+6円)
買い優勢。同社やシナジーM<%%%3859%%%>など、クラウドサービス大手の米セールスフォー
ス関連が堅調に推移している。米国市場の時間外ではセールスフォースが決算発表を
受けて大幅上昇となっており、刺激材料となっているようだ。セールスフォースの5-
7月期売上高は前年同期比31%増となるなど、企業向けクラウドサービスの好調を追
い風に市場予想を上回った。

PD<%%%4587%%%>:6260円(同+300円)
7日ぶり反発。同社やナノキャリア<%%%4571%%%>、MDNT<%%%2370%%%>、カイオム<%%%4583%%%>など、
バイオ関連株が強い動きとなっている。目立った材料はなく、シリア情勢に対する警
戒感を背景に先行き不透明感が燻る中で、短期資金がやや消去法的にバイオ関連へと
向かう状況のようだ。なお、バイオ関連の上昇が支援材料となり、マザーズ指数は
1%超の逆行高となっている。

ガンホー<%%%3765%%%>:64600円(同+400円)
続伸。連日で売買代金は全市場で上位となる中で、短期の値幅取り狙いの資金も向か
いやすく、25日線水準を意識したテクニカルリバンドの動きが継続する状況に。な
お、詳細不明の「カウントダウンサイト」の登場が思惑につながっている面もあるよ
うだ。