最新株式ニュース
2013年9月19日 フィスコ

出来高変化率ランキング(13時台)~熊谷組が急伸、リニア関連として短期資金が向かう

熊谷組<%%%1861%%%>がランクイン。前日にJR東海<%%%9022%%%>では、リニア新幹線の詳細ルートな
どを公表している。リニア計画の前進と受け止められ、関連銘柄への関心も高まる状
況となる。とりわけ、リニア新幹線の86%は地下やトンネルが占めるとされており、
トンネル整備に対する関心が高まる格好に。トンネル工事に強みを持つとされる同社
や安藤ハザマ<%%%1719%%%>などに短期資金の関心が向かう。

■出来高変化率上位 [9月19日 13:26 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<%%%8613%%%>丸三証        2740400  248020  1004.91% 19.13%
<%%%4552%%%>日ケミカル      842000  76860  995.50% 20.22%
<%%%1861%%%>熊谷組        139824000  24132800  479.39% 25.66%

<%%%2497%%%>UNITED     4057000  880440  360.79% 10.92%
<%%%3845%%%>アイフリークH    16162  3616.8  346.86% 5.56%
<%%%4064%%%>カーバイド      25565000  5814600  339.67% 20.45%
<%%%9478%%%>SEH&I      3992700  1018580  291.99% -12.24%
<%%%3113%%%>Oak        3212500  834260  285.07% 3.31%
<%%%3773%%%>AMI        4121  1198  243.99% 26.67%
<%%%4997%%%>日農薬        1212000  353800  242.57% 1.99%
<%%%5715%%%>古河機        7719000  2328000  231.57% 9.48%
<%%%3391%%%>ツルハHD      268000  81780  227.71% -6.31%
<%%%3791%%%>IGポート      1475  456.8  222.90% 4.87%
<%%%1820%%%>西松建        13759000  4406400  212.25% 13.75%
<%%%7404%%%>昭和飛        563000  184000  205.98% 13.6%
<%%%3107%%%>ダイワボウ      1951000  640400  204.65% 4.09%
<%%%3634%%%>ソケッツ       50500  17040  196.36% 2.06%
<%%%1552%%%>VIX短期      347713  117952.6  194.79% -5.01%
<%%%5541%%%>大平金        4387000  1519600  188.69% 9.25%
<%%%9889%%%>JBCCHD     210600  73120  188.02% 7.71%
<%%%1305%%%>ETFTPX     1141240  399362  185.77% 1.48%
<%%%8519%%%>ポケットC      306700  113440  170.36% 5.8%
<%%%3398%%%>クスリのアオキ    52500  19600  167.86% -5.28%
<%%%5352%%%>黒崎播磨       2093000  803600  160.45% 4.72%
<%%%3815%%%>メディ工房      1341  516  159.88% 12.81%
<%%%1348%%%>MXトピクス     326040  126296  158.16% 1.4%
<%%%3723%%%>ファルコム      327400  127120  157.55% 0.23%
<%%%1805%%%>飛島建        46157400  18184900  153.82% 15.28%
<%%%8771%%%>Eギャランティ    304800  122100  149.63% 4.63%
<%%%8614%%%>東洋証        1284000  543600  136.20% 6.42%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較す
ることで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。