最新株式ニュース
2013年9月20日 フィスコ

出来高変化率ランキング(13時台)~資生堂は2段階格上げを好感で大幅続伸

資生堂<%%%4911%%%>が大幅続伸でランクイン。シティでは、投資判断を「3」から「1」に一
気に2段階格上げ、目標株価も1200円から2000円に引き上げている。国内売上は回復
に転じ、抜本的なコスト削減も計画を上回って推移と。今期業績はコンセンサスを大
きく上回り、16年3月期には過去最高水準までの回復を予想しているようだ。ちなみ
に、今期営業利益は会社計画390億円に対して、シティでは515億円の予想となってい
る。

■出来高変化率上位 [9月20日 13:26 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<%%%5391%%%>A&AM       40006000  1966800  1934.07% 17.86%
<%%%1914%%%>日基礎        5468800  433540  1161.43% 9.05%
<%%%1916%%%>日ビルド       6721000  645400  941.37% 12.23%
<%%%3773%%%>AMI        13700  1865.4  634.43% -9.47%
<%%%1888%%%>若築建        69767000  12697000  449.48% 9.23%
<%%%6299%%%>神鋼環境       1123000  243200  361.76% 5.76%
<%%%3793%%%>ドリコム       3241  751.2  331.44% 6.55%
<%%%4824%%%>メディアシーク    1955  509.6  283.63% 2.77%
<%%%4686%%%>ジャストシステ    830900  220360  277.06% 5.64%
<%%%6210%%%>東洋機械       540200  156520  245.13% 2.59%
<%%%1861%%%>熊谷組        197927000  58214200  240.00% 6.44%
<%%%1615%%%>銀行         3198100  1007840  217.32% 1.08%
<%%%6297%%%>鉱研工業       904300  318220  184.17% -2.25%
<%%%7231%%%>トピー        1121000  397800  181.80% 3.23%
<%%%9936%%%>王将フード      103800  37540  176.51% 1.53%
<%%%7731%%%>ニコン        8375300  3152760  165.65% 5.18%
<%%%2687%%%>シーヴイエス     16045000  6089000  163.51% 14.06%
<%%%6624%%%>田淵電        1230000  478400  157.11% 5.47%
<%%%1514%%%>住石HD       14353200  5659800  153.60% 9.32%
<%%%6284%%%>ASB機械      301100  125300  140.30% 2.79%
<%%%6706%%%>電気興        770000  323000  138.39% 2.67%
<%%%7276%%%>小糸製        1361000  576800  135.96% 4%
<%%%6724%%%>エプソン       2518600  1073040  134.72% 6.07%
<%%%2488%%%>日本サード      181300  80520  125.16% 0.15%
<%%%5288%%%>Jパイル       801000  366100  118.79% 9.18%
<%%%2730%%%>エディオン      1196000  551280  116.95% -1.9%
<%%%7862%%%>トッパン・F     173800  82580  110.46% 1.15%
<%%%1929%%%>日特建        1498000  715820  109.27% 3.21%
<%%%3620%%%>デジハーツ      115400  55220  108.98% 0.6%
<%%%4911%%%>資生堂        4139200  1990840  107.91% 6.07%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較す
ることで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。