最新株式ニュース
2013年10月28日 フィスコ

出来高変化率ランキング(14時台)~NRIが急落、上半期決算は市場予想を下振れ

NRI<%%%4307%%%>が急落でランクイン。先週末に上半期の決算を発表しており、ネガティブ
に捉えられる形のようだ。営業利益は233億円で前年同期比13%増、通期予想は490億
円を据え置いている。上期実績に関しては会社計画線であるが、市場予想は10億円程
度下回っているもよう。IT基盤事業の利益率低下などが背景。また、7-9月期の受注
高が前年同期比で減少に転じたことなども弱材料視される形に。

■出来高変化率上位 [10月28日 14:23 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<%%%2488%%%>日本サード      640600  65940  871.49% 19.20%
<%%%7943%%%>ニチハ        468400  49160  852.81% 5.85%
<%%%6641%%%>日新電        4057000  428200  847.45% 12.30%
<%%%3408%%%>サカイオーベ     3343000  395200  745.90% 8.70%
<%%%3163%%%>トータルメディ    10300  1720  498.84% 0.00%
<%%%4043%%%>トクヤマ       8339000  1457800  472.03% 4.76%
<%%%6967%%%>新電工        3984100  756360  426.75% -8.64%
<%%%6507%%%>シンフォニア     1479000  296600  398.65% 4.14%
<%%%3622%%%>ネットイヤー     9766600  1989440  390.92% 6.20%
<%%%7944%%%>ローランド      257700  54140  375.99% 6.89%
<%%%1826%%%>佐田建        12963000  2733000  374.31% 21.43%

<%%%1822%%%>大豊建        132407000  31032800  326.67% 20.33%

<%%%8895%%%>アーネストワン    2756300  653440  321.81% -0.73%
<%%%7522%%%>ワタミ        415300  98840  320.17% -3.07%
<%%%1719%%%>安藤ハザマ      22042000  5309820  315.12% 10.56%

<%%%3268%%%>一建設        308300  77260  299.04% -0.86%
<%%%1950%%%>日本電設       460000  116000  296.55% 3.19%
<%%%3815%%%>メディ工房      14048  3554.8  295.18% 3.86%
<%%%3101%%%>東洋紡        9018000  2381400  278.68% 2.69%
<%%%7873%%%>アーク        1180500  314760  275.05% 2.82%
<%%%3756%%%>豆蔵         2861900  787460  263.43% 14.25%
<%%%4307%%%>NRI        1444800  405800  256.04% -7.74%
<%%%4185%%%>JSR        4617000  1306020  253.52% 3.35%
<%%%4829%%%>日本エンタ      7453  2161  244.89% 4.29%
<%%%2389%%%>オプト        770900  233560  230.07% -7.74%
<%%%3431%%%>宮地エンジ      3789000  1155600  227.88% 3.83%
<%%%8922%%%>JAM        22578  7257.2  211.11% -3.49%
<%%%1878%%%>大東建        987200  326360  202.49% -6.21%
<%%%5008%%%>東亜石        3772000  1303400  189.40% 6.43%
<%%%2449%%%>プラップJ      134200  46480  188.73% 20.80%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較す
ることで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。