最新株式ニュース
2013年11月12日 フィスコ

大林組---売り優勢、業績下振れ観測報道がネガティブインパクト

<%%%1802%%%>  大林組  576  -30
売り優勢。上半期営業利益は前年同期比37%減の75億円程度になったもようとの観測
報道が伝わっている。労務費の上昇や資材価格の高騰などで、採算が悪化しているも
ようであり、従来予想の80億円は下振れの見通しと。本日決算発表予定、他の建設株
同様に期待感が高まっていたとみられるだけに、ネガティブなインパクトが強まる格
好へ。