最新株式ニュース
2013年11月15日 フィスコ

エムアップ---ゆるキャラとの包括的な業務提携や新規タレントの獲得

<%%%3661%%%>  エムアップ  -  -
コンテンツ配信のエムアップ<%%%3661%%%>は14日、第2四半期(4-9月)業績を発表。売上高
が18.52億円、営業利益が2.28億円、四半期純利益が1.62億円だった。5月に子会社だ
ったエムアップAEを吸収合併したことにより、第1四半期より非連結での業績を開示
しており、前年同期との比較は記載されていない。
アーティストやタレント、キャラクターなどを幅広く取り扱い、ファンクラブサイト
や音楽、しゃべってキャラといった多岐にわたるデジタルコンテンツから、eコマー
スまでを複合的に事業展開。その基盤となる有料会員については、新規コンテンツの
獲得・投入や、公式サイトの開設に注力し、基盤の拡大を図っている。

音楽映像商品の直販事業は、携帯及びPCコンテンツ配信事業でファンクラブサイトを
展開するアーティストに加えて、大手レコード会社であるクラウン徳間ミュージック
販売との提携による販売サイト運営管理を行っている。また、ゆるキャラとの間で、
ゆるキャラグランプリの運営管理、ゆるキャラを使用したデジタルコンテンツの運営
や配信、ゆるキャラ関連商品のeコマースサイト運営に関する業務提携を行い、新た
なビジネス領域を開拓している。

その成果として、NTTドコモの定額制使い放題サービス「スゴ得コンテンツ」へ初の
参入では、1位を7週連続キープ。スマートフォン向けコンテンツ「しゃべってキャ
ラ」では、キャリアメニューカテゴリ10カ月連続1位をキープしている。

なお、通期については売上高が前期比5.2%増の45.00億円、営業利益が同8.1%増の
6.50億円、純利益が4.1%増の3.90億円とする期初計画を据え置いている。今後の事
業戦略のポイントとしては、ゆるキャラ実行委員会及びゆるキャラとの包括的な業務
提携。「しゃべってキャラ」の拡大やNMB48のスマートフォン向けファンクラブサイ
トなど、新規タレントの獲得。「ビッグダディ」「美奈子」等のバラエティタレント
分野への進出。キャラグッズ・商品の企画など、BtoB事業への参入を挙げている。

エムアップ<%%%3661%%%>は、「携帯コンテンツ配信事業」「PCコンテンツ配信事業」「eコ
マース事業」の3つの事業を柱に事業展開している。