最新株式ニュース
2013年11月25日 フィスコ

出来高変化率ランキング(14時台)~Jパイルが急落、ファイナンスの発表を嫌気

Jパイル<%%%5288%%%>が急落でランクイン。先週末には、業績・配当予想の上方修正、並び
に、公募・売出の実施を発表している。業績上振れ期待はもともと高かったこと、先
週末の株価が急伸となっていたことから、上方修正評価の動きは限定的、ファイナン
ス実施による希薄化や需給懸念を嫌気する動きが先行のもよう。公募、売出、自己株
式処分による売出、オーバーアロットメントによる売出を併せた株数は、自己株式を
除いた発行済み株式数の21%となる。

■出来高変化率上位 [11月25日 14:25 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<%%%6911%%%>新日無        889000  94000  845.74% 10.15%
<%%%6627%%%>テラプロ       111000  16300  580.98% 6.52%
<%%%3653%%%>モルフォ       244300  38000  542.89% 13.39%
<%%%8423%%%>アクリーティブ    20302  3243.6  525.91% 14.27%
<%%%2122%%%>Iスペース      313100  52460  496.84% 9.05%
<%%%6079%%%>エナリス       34677800  6545200  429.82% 18.63%

<%%%5310%%%>東洋炭素       262100  49780  426.52% 4.86%
<%%%7600%%%>日本MDM      2866200  577760  396.09% -8.13%
<%%%3773%%%>AMI        1281700  262620  388.04% 8.54%
<%%%9726%%%>KNTCT      8869000  1909000  364.59% 3.73%
<%%%9413%%%>テレ東HD      254100  57180  344.39% -1.46%
<%%%3727%%%>APLIX      3752700  865780  333.45% 17.56%
<%%%3156%%%>UKCHD      292600  72460  303.81% 3.60%
<%%%3667%%%>enish      336300  84280  299.03% -8.00%
<%%%7545%%%>西松屋チェ      426000  122460  247.87% 6.35%
<%%%8686%%%>AFL        18050  5260  243.16% 0.60%
<%%%6331%%%>化工機        1217000  364600  233.79% 7.39%
<%%%2211%%%>不二家        934000  280800  232.62% 1.53%
<%%%3187%%%>サンワカンパニー   151500  46820  223.58% 21.98%
<%%%7226%%%>極東開        301200  103340  191.47% 0.54%
<%%%6756%%%>日立国際       2354000  811600  190.04% 6.42%
<%%%6636%%%>シスウェーブH    905700  314820  187.69% 13.14%
<%%%6666%%%>リバーエレテク    1284500  455400  182.06% 11.35%
<%%%3857%%%>ラック        234800  83720  180.46% 2.56%
<%%%7256%%%>河西工        218000  78600  177.35% 4.49%
<%%%7631%%%>マクニカ       58800  21660  171.47% -0.15%
<%%%5288%%%>Jパイル       830100  319000  160.22% -11.73%
<%%%3398%%%>クスリのアオキ    95300  36820  158.83% 6.17%
<%%%6767%%%>ミツミ        3815600  1475320  158.63% 10.36%
<%%%8088%%%>岩谷産        6957000  2702200  157.46% 11.98%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較す
ることで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。