最新株式ニュース
2014年2月3日 フィスコ

出来高変化率ランキング(13時台)~ガイシが急反発、業績上振れを素直に評価

ガイシ<%%%5333%%%>が急反発でランクイン。同社は先週末に第3四半期の決算を発表、累計
営業利益は321億円で前年同期比96.2%増益、通期予想は340億円から420億円にまで
上方修正している。実績値は市場予想を20億円強上回ったと見られる。とりわけ、中
国においては排ガス規制の強化や大気汚染を受けて同社製品の採用が増加しており、
上振れの一因となっているようだ。業績の上振れを素直に評価する動きが先行へ。


■出来高変化率上位 [2月3日 13:26 現在]
(直近5日平均出来高比較)

コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
<%%%2322%%%>NECフィール    1676200  47560  3424.39% 9.15%
<%%%5807%%%>東特線        4638000  852400  444.11% 5.10%
<%%%5333%%%>ガイシ        6492000  1431600  353.48% 11.10%
<%%%6724%%%>エプソン       7884700  2178620  261.91% 14.77%
<%%%8721%%%>ベンチャーRV    32930  9370  251.44% -19.08%
<%%%2438%%%>アスカネット     252200  73420  243.50% -15.22%
<%%%6666%%%>リバーエレテク    656200  191580  242.52% -7.93%
<%%%3254%%%>プレサンス      144600  43300  233.95% -1.29%
<%%%8308%%%>りそなHD      61356800  19205840  219.47% 0.73%

<%%%8242%%%>H2Oリテイル    1916000  629000  204.61% -8.42%
<%%%8935%%%>FJネクスト     334700  112280  198.09% -3.61%
<%%%9474%%%>ゼンリン       295800  100680  193.80% -2.91%
<%%%6395%%%>タダノ        2364000  809800  191.92% -14.74%
<%%%4971%%%>メック        2947000  1057340  178.72% 13.13%
<%%%3236%%%>プロパスト      12160300  4436020  174.13% 10.31%

<%%%6373%%%>大同工        543000  199200  172.59% -12.35%
<%%%5440%%%>共英製鋼       428500  161440  165.42% 1.78%
<%%%3341%%%>日本調剤       33710  13138  156.58% 2.65%
<%%%1429%%%>日本アクア      195100  76260  155.84% 9.30%
<%%%6104%%%>東芝機        2734000  1076600  153.95% 3.22%
<%%%6413%%%>理想科        74700  29440  153.74% 5.57%
<%%%6256%%%>ニューフレア     226600  89860  152.17% -15.74%
<%%%2175%%%>SMS        280200  113640  146.57% -7.13%
<%%%1898%%%>世紀東        4825000  1957600  146.48% -4.35%
<%%%8056%%%>日ユニシス      2065300  839760  145.94% 11.21%
<%%%5970%%%>ジーテクト      72900  30660  137.77% -7.77%
<%%%7732%%%>トプコン       1084400  460040  135.72% -5.52%
<%%%7821%%%>前田工繊       388500  166940  132.72% 8.41%
<%%%7988%%%>ニフコ        371900  161600  130.14% 9.73%
<%%%2288%%%>丸大食        329000  143600  129.11% -0.65%

20日移動平均売買代金が5000万円以下のものは除外

※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較す
ることで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。