最新株式ニュース
2014年8月18日 フィスコ

シークス---第2四半期営業利益5.9%増、グローバルで車載関連機器用部材が好調

<%%%7613%%%>  シークス  -  -
エレクトロニクス商社のシークス<%%%7613%%%>が11日に発表した2014年12月期第2四半期(1-6
月)決算は、売上高が前年同期比0.4%減の981.41億円、営業利益が同5.9%増の23.36
億円、経常利益が同5.2%増の24.05億円、四半期純利益が同27.0%増の17.37億円だっ
た。
セグメント別の業績では、日本は車載関連機器用部材等の出荷が増加したことにより、
売上高は前年同期比11.9%増の311.60億円、セグメント利益は同7.2%増の9.93億円。
アジアは車載関連機器用部材の出荷が増加したが、デジタル家電機器の出荷が減少。欧
州についても車載向けが堅調だったが、一方で家電関連機器の出荷が減少している。米
州については車載関連機器用部材の出荷が大幅に増加しており、売上高は同73.0%の
98.69億円、セグメント利益は同93.5%増の2.50億円に。

14年12月期については、売上高が前期比8.7%増の2250.00億円、営業利益が同19.7%増
の60.00億円、経常利益が同8.7%増の41.00億円、純利益が同23.4%増の41.00億円とす
る計画を据え置いている。

同社は、EMS(電子機器製造受託サービス)企業の草分け。「製造の受託」に止まら
ず、部材調達・物流サービスを含めたトータルサービスが可能な「ワンストップサービ
ス」が特長。