最新株式ニュース
2014年8月21日 フィスコ

それ程過熱警戒はないだろうが、明日はポジションが取りづらい

 日経平均は9営業日続伸。121.37円高の15575.82円(出来高概算11億2000万株)で
前場の取引を終えた。20日の米国市場はNYダウが3日続伸。連邦公開市場委員会
(FOMC)議事要旨が公表され、早期利上げへの警戒感が和らいだ。この流れを受け、シ
カゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の15560円となり、これにさや寄せする格好
から、節目の15500円を回復して始まった。
 寄り付き後はこれまで同様、こう着感の強い相場展開が続いていたが、円相場が1
ドル104円台に接近するなか、日経平均はじりじりと上げ幅を広げる展開となってい
る。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<%%%9983%%%>、KDDI<%%%9433%%%>、
ホンダ<%%%7267%%%>、ソフトバンク<%%%9984%%%>、ダイキン<%%%6367%%%>などが日経平均をけん引。東証
1部の騰落銘柄は、値上がり数が1100を超えており、全体の6割を占めている。セクタ
ーでは、証券、ゴム製品、その他金融、不動産、保険などが堅調。一方で、鉱業、空
運、サービスなどが小安く推移している。
 日経平均はやや想定外の強い値動きをみせている。出来高が膨らんでいるわけでは
ないが、指値状況が薄い中を、インデックスに絡んだ資金で日経平均を押し上げてい
るようである。9営業日続伸で過熱感なども意識されてはいるが、上昇ほどポジショ
ンが大きく買いに傾いている状況ではなさそうだ。また、中小型は高安まちまちであ
り、本日は主力大型株が主導する格好。小幅ながらも証券株が全面高商状となってお
り、短期筋の資金がシフトしているようである。
 日経平均はボリンジャーバンドの+1σレベルから始まり、その後は支持線として意
識されている。+2σとのレンジに移行した格好となり、7月末の戻り高値が次第に意
識されそうである。もっとも、カンザスシティー連銀経済シンポジウム(ジャクソン
ホール会合)でのイエレンFRB議長の発言などを見極めたいほか、ロシア・ウクライ
ナ情勢への警戒も強い。9月1日の米レイバーデーまで夏季休暇に入る投資家や市場関
係者も多いため、オーバーウィークのポジションは取りづらいとなれば、本日辺りが
目先のピークか。
(村瀬智一)